FC2ブログ
2014
03.31

うにゅほとの生活856

2014年3月31日(月)

「ほんと、天気いいなあ」
「ねー」
「こんにちは、春!」
「はるー」
アスファルトの感触を靴の裏で確かめながら、ゆったりと歩を進めていく。
なんだかとても気分がよかった。
「どこいくの?」
「コンビニでジャンプを買う」
「あ、げつようだ」
「あと、おやつも買う」
「いいねえ」
「ワインも買う」
「えー」
「安いやつな」
「そか」
最寄りのセブンイレブンで買い物を済ませ、レシートをうにゅほに手渡した。
「ジャンプは、しょせきだい?」
「そう」
「チョコだいふくは?」
「飲食費」
「ワインは、さかだい……」
ふんふんと頷きながら、うにゅほが家計簿アプリに金額を入力していく。
なんだか楽しそうなのは、気のせいではないだろう。
「じゃ、ちょっと遠回りして帰るか」
「うん」
縁石から腰を上げ、レジ袋を手に取る。
「──…………」
ずしりと重い。
ワインが二本に雑誌が一冊となれば、そこそこの重量がある。
持つぶんには構わないのだが、コンビニの薄いレジ袋が耐えられるだろうか。
そんなことを考えながら歩いていると、
「──おあッ!」
予感が的中した。
「わー!」
レジ袋の持ち手が千切れ、ワインボトルがアスファルトの上を転がっていく。
「××、そっち拾って!」
「はい!」
慌てて拾い上げ、大きく息をついた。
「抱えて帰るしかないな……」
「そだね」
「それにしても、ワインボトルってけっこう丈夫なんだな」
地面に叩きつけられたにも関わらず、傷ひとつついていない。
「ドラマのが演出なのは知ってるけど、改めて理解できるというか」
「えんしゅつ?」
「ほら、ビール瓶とかで人を殴るとさ」
「──……?」
うにゅほが小首をかしげる。
「しぬとおもう」
「まあ、死ぬんだけど、割れるじゃん」
「われるー……?」
「見たことない?」
「おぼえてない……」
「刑事ドラマとかで」
「けいじドラマ、みない」
なるほど。
殺人シーンとか苦手だもんな。
ジェネレーション的なギャップじみたものを感じながら、再び帰途についた。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/990-beb88152
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top