FC2ブログ
2014
03.29

うにゅほとの生活854

2014年3月29日(土)

「──◯◯!」
階段を駆け上がる小気味良い音と共に、細い声が俺を呼んだ。
「タイヤこうかんおわったー」
ぶかぶかの作業服に身を包み、ロングヘアを結い上げたうにゅほが、リビングからひょいと顔を出した。
「おー、お疲れさん」
もちろん、うにゅほひとりでタイヤ交換ができるわけもない。
父親の手伝いをしていたのである。
「あのね、ナットしめたんだよ」
「えっ」
「ほしがたにしめるんだよ」
「──…………」
大丈夫なのか?
大丈夫か。
父親が締め直しているだろう、たぶん。
「おとうさん、タイヤかたづけるからきてって」
「了解」
重い腰を上げ、背筋を伸ばす。
シーズンオフのタイヤは車庫の二階で保管しているため、どうしても力仕事になるのだ。
「あ、作業服着てくから脱いで」
「きてくの?」
「タイヤ下ろしたとき、ジーンズ汚れたからさ……」
「あー」
うにゅほが作業服を脱ぎ、髪を解く。
普段着の上に着ているので目を逸らす必要はない。
「じゃ、行ってくる」
「わたしもいく」
「手伝わなくていいぞ」
「てつだわない」
「よし」
よくわかっている。
なにしろ、ランクルのタイヤは30kgを軽く超えるのだ。
手伝われると、逆に危ない。
「◯◯も、おとうさんも、ちからもちだねえ」
「腕力というか、体格の問題だと思うけど」
「せーのびたら、ちからつく?」
「つかないんじゃないかな」
「えー」
「背丈だけじゃなくて、肩幅とか骨格とか──」
そこまで言ったところで、
「──…………」
とても嫌な想像をしてしまった。
「……××はそのままでいてくれ」
苦笑を浮かべながら、うにゅほの頭をぽんぽんと撫でた。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/988-33b3a42f
トラックバック
コメント
タイヤ交換って面倒ですよねぇ
めがくるdot 2014.03.30 19:53 | 編集
オールシーズンの万能タイヤ発明されませんかね
八白dot 2014.03.30 20:34 | 編集
自分はスタッドレスを履き潰して、毎年冬の始めに替えてます
つっちーdot 2014.03.30 22:40 | 編集
なるほど、冬タイヤで走るぶんには危なくないですもんね
八白dot 2014.03.30 23:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top