FC2ブログ
2013
12.30

うにゅほとの生活765

2013年12月30日(月)

「あー……」
背中を反らし、伸びをする。
「腰いってぇー……」
「ひさしぶり?」
「そだな、最近はずっと平気だったから」
上半身を捻ると、どこかの骨が小さく音を立てた。
「ここしばらく寝てばっかだったもんなあ……」
「ぐあいわるいの、しかたないよ」
「そうなんだけどさ……」
うにゅほの寝床に腰を下ろす。
「ふみふみする?」
「頼むう」
うにゅほは非力である。
指でマッサージをしてもらうより、足で踏んでもらったほうが、手っ取り早いし気持ちいい。
「ふみふみはいいけど、落ちないようにな」
「うん」
しゃら。
うにゅほがカーテンを掴む音が聞こえた。
強度は心もとないが、バランスを取るには十分だろう。
「きもちいい?」
「あ゙ー……」
しばし腰を踏んでもらうと、心なしか痛みが和らいだ気がした。
「さんきゅー」
「うん」
ぽす。
背中に柔らかな重み。
うにゅほが腰を下ろしたのだ。
「どした?」
「こしもむ」
「ふみふみだけでいいよ」
「いちおう、もむ」
うにゅほには何故かマッサージ師としての矜持があるようで、足踏みだけでは納得がいかないらしい。
マッサージクッションにも対抗心を持っているくらいだからなあ。
「きもちいい?」
「ああ」
「きく?」
「効く効く」
「♪」
指圧に合わせて腰が動いている。
なんとなく心地いい。
「××」
「?」
「尻はべつに揉まなくても」
「おしりもいいんだよ」
「──…………」
べつにいいけど。
そのまま南下していき、ふくらはぎを揉まれたところでマッサージが終了した。
なんだかんだで効いたかもしれない。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/881-2d392537
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top