FC2ブログ
2013
09.30

うにゅほとの生活674

2013年9月30日(月)

福岡の親戚から梨が送られてきた。
段ボール箱を真っ先に開封したうにゅほが、
「でか!」
と驚嘆の声を上げた。
大げさな、と思いながらうにゅほの手元を覗くと、
「でかっ」
でかかった。
直径が、普通の梨の1.5倍はある。
新高という品種で、大きいものでは重さが1kg近くにもなるらしい。
ニイタカヤマノボレとは関係ないらしい。
「たべよう」
「まあ、せっかくだしな」
台所から果物ナイフを拝借していると、
「あ、わたしむく」
ソファの背もたれから身を乗り出し、うにゅほがそう言った。
「剥けるのか?」
「むけるよ」
「ふむ……」
しばし黙考する。
包丁慣れもしているし、怪我をすることはないだろう。
それに、案外するすると途切れずに剥いてしまうかもしれないし。
「じゃ、頼む」
「はい」
うにゅほに果物ナイフの柄を差し出すと、嬉しそうに受け取った。
「──…………」
「──…………」
集中している。
剥けては、いる。
剥けてはいるが、木彫りの彫刻を見ているようだ。
ゴボウのささがきのような皮が皿の上に散乱し、見るからに危なっかしい。
「……××」
「?」
「俺が剥く」
「うん……」
俺だって梨の皮剥きが得意というわけではないが、うにゅほよりいくらかましである。
「うー……」
意気消沈しているうにゅほを横目で見ながら、なんだか俺は安堵していた。
料理全般ではもう勝てないが、なんでもかんでも俺の上を行かれては、面目が立たないというものだ。
「でーきた、と」
切り分けた梨を皿の上に盛る。
「いただきます」
「いただきます」
サクッという軽い食感と共に、糖度の高い果汁が溢れる。
「あまい」
「美味しいな、この梨」
「うん、おいしい」
「でも、一切れでいいかな……」
「?」
小首をかしげる。
「梨って、二切れ目から砂を食ってるみたいにならない?」
「え、ならない」
「そうか……」
この感覚を共有できたことは、あまりない。
急いで食うからいけないのかな。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/786-9284a150
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top