FC2ブログ
2012
07.31

うにゅほとの生活250

2012年7月31日(火)

四週間に一度の通院日だった。
うにゅほも一緒に来たがったが、昨日の今日である。
静養するように言って、家を出た。
帰宅すると、うにゅほがリビングのソファに腰を下ろしながらテレビを見ていた。
「おかえり」
「ただいま」
顔色も、声の張りも悪くない。
すこし元気になったのかもしれない。
母親が外出していたので、昼食はカップラーメンで済ませることにした。
火を使う料理など、暑くてやっていられないという事情もある。
「ほら」
スープまで平らげたうにゅほに、昨日処方されたビタミン剤を渡す。
うにゅほは渋い顔をして、
「……もうなおったよ?」
と言った。
喉元過ぎれば熱さを忘れる。
すこし元気になったと思ったら、すぐこれである。
「ちゃんと飲まないと駄目だ」
「だって、のどにひっかかるんだもん」
なるほど、喉元をなかなか過ぎてくれないのか。
錠剤を飲めない人がいるらしい、という話は聞いたことがあった。
共感はできないが、理解はできる。
単純に慣れの問題なのだろう。
さて、どうすべきかと黙考したところ、テーブルの上の紙袋が目についた。
四週間分の薬である。
寝る前に飲む薬であるため、うにゅほには見せたことがなかった。
ずらりと繋がれた小袋を千切り、うにゅほに手渡す。
「くすり……?」
「俺の薬。十二錠で一回分」
「えっ」
「比べることじゃないけど、俺はこれだけ飲んでるよ」
そう言って、俺は部屋に戻った。
しばらくしてうにゅほの薬袋を検めると、ビタミン剤が減っていた。
不健康自慢ほど痛々しいものはない。
しかし、それでうにゅほが薬を飲んでくれたなら、恥を忍んだ甲斐があったというものである。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/356-d912c936
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top