2012
06.24

うにゅほとの生活213

2012年6月24日(日)

母親に一万円札をぽんと渡された。
残りの四万円の行方を尋ねると、代わりの中古車の購入資金に充てるらしい。
「あんたも乗るんだからいいでしょ?」
と言われ、ぐうの音も出なかった。
それはいい。
仕方ない。
でも、最初に言ってくれよ!
べつに断らないよ!
靴代合わせてプラマイゼロだよ!
うにゅほの頭にあごを乗せ、ぬか喜びの傷を癒す。
五分ほどそうしていると、両親が中古車ディーラーを幾つか見て回ると言った。
暇だったので、一緒に行くことにした。
手稲に白石、伏古に屯田。
中古車情報サイトでめぼしいものをチェックしていたらしく、あとは店員に話を聞くだけの簡単なお仕事だ。
乗るばかりで自動車に詳しくない俺とうにゅほは、
「あ、これミニカちゃん」
「ほんとだ。でもオートマだ、これ」
「オートマ?」
「マニュアルじゃない、簡単なやつ」
「ほー」
などと適当に会話を交わしながら中古車観賞と洒落込んでいた。
それも段々と飽きてきた四軒目、父親が唐突に俺たちを呼んだ。
「お前ら、これとこれだったらどっちがいい?」
パープルのダイハツ・ミラクラシックと、シルバーのミラジーノ。
俺には、うにゅほがどちらを選ぶのか、容易に推測することができた。
「……こっち」
うにゅほが指差したのは、ミラジーノだった。
何故なら、一昨日さよならしたミニカと雰囲気がよく似ていたからだ。
同じ色だし。
「俺も、ミラジーノかな」
うにゅほに合わせたわけではなく、俺もそちらのほうが好みだった。
クラシックデザインはけっこう好きだ。
結局、そのディーラーでは購入せず、父親の知人の店で条件に合う中古車を探してもらうことになった。
その条件とは、まず安いこと。
走行距離が短いこと。
そして、車種がミラジーノであること。
いい車が見つかればいいけれど。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/317-54e3f721
トラックバック
2012年6月24日(日)母親に一万円札をぽんと渡された。残りの四万円の行方を尋ねると、代わりの中古車の購入資金に充てるらしい。「あんたも乗るんだからいいでしょ?」と言われ、ぐうの音も出なかった。それはいい。仕方ない。でも、最初に言ってくれよ!べつに断らない?...
まとめtyaiました【うにゅほとの生活213】 dot まとめwoネタ速neodot 2012.06.25 16:13
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top