2012
06.23

うにゅほとの生活212

2012年6月23日(土)

数日前、二年間愛用したブーツのソールが真っ二つに折れた。
靴修理店のおじさんをして「これは……ちょっと、無理だねえ」と言わしめたほどの見事な折れっぷりであった。
合成皮革の安物で、ソールも随分と薄かったから、もともと寿命は短かったのかもしれない。
昨日のミニカといい、愛用物さよなら週間かなにかなのだろうか。
金が入ると、すぐに支出が発生する。
支出に困っていると、不思議と臨時収入があったりする。
不思議なものだ。
いずれにしても都合は良い。
ミニカの代わりに支払われる予定の五万円のうち、一万円くらいなら靴に使っても構わない気分だった。
母親の車で近隣の靴屋を片っ端から巡っていく。
うにゅほの靴を選んだことはあったが、俺の靴をうにゅほと探すのは初めてだ。
それにしても、自分の靴を買ったときより張り切っているのはどういうことだろう。
たしか帽子や服のときもそうだった気がする。
そして、うにゅほの服や靴を選んだときは、逆に俺のほうが楽しんでいた記憶がある。
自分より相手、と言えば聞こえはいいが、要するに互いが互いを着せ替え人形にして遊んでいるのだ。
問題がないとは言いがたいが、互いに楽しんでいるので相殺ということにしたい。
コンビニでおやつを買いつつ十件ほどを見て回った結果、一番最初のABCマートにあったブーツがいいのではないか、という結論に達した。
サイズはすこし大きめだが、中敷きでなんとかなる程度だ。
そして、本革で触り心地も良い。
うにゅほはしきりに派手なランニングシューズを勧めていたが、それ予算オーバーなんだよ。
あとランニングとかしないし。
ブーツを実際に試着し、
「似合う?」
と尋ねたところ、
「ごっついねー」
との答えが返ってきた。
たしかにごつい。
でも、こういうのが似合う外見ですから。
店員さんに勧められるがまま防水スプレーをついでに購入し、帰宅した。
玄関を探すと同じ防水スプレーが置いてあったので、カッとなって封を開け、両腕をクロスさせながら二本のスプレーをブーツに噴霧した。
目を輝かせたうにゅほに、
「カッコいい!」
と何故か褒め称えられた。
うにゅほ的には、こういうのがカッコいいのか……。
特撮ヒーローとか気に入るんじゃないか、この子。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/316-3234e692
トラックバック
2012年6月23日(土)数日前、二年間愛用したブーツのソールが真っ二つに折れた。靴修理店のおじさんをして「これは……ちょっと、無理だねえ」と言わしめたほどの見事な折れっぷりであった。合成皮革の安物で、ソールも随分と薄かったから、もともと寿命は短かったのかも?...
まとめtyaiました【うにゅほとの生活212】 dot まとめwoネタ速neodot 2012.06.25 16:13
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top