2012
06.20

うにゅほとの生活209

2012年6月20日(水)

PCの動作が重いので、メモリを増設することにした。
ついでに頼まれた蛍光灯をヨドバシカメラで購入し、いそいそとドスパラへ向かった。
客足の多い電機店は、やはり苦手であるようだ。
今度またヤマダ電機へ連れて行くから、今回は駐車場代と割り切ってくれ。
ドスパラでメモリについて尋ねると、親切に教えてくれた。
それにしても随分と安くなったものだ。
数年前に512Mのメモリを買ったときは、一万円以上した記憶がある。
それが4G×2で3480円だというのだから一驚を喫する。
512のメモリなんて、もはや手裏剣にすらならない。
「これなに?」
車中でうにゅほに尋ねられたので、いろいろと頭を巡らせた挙句、
「たぶん、ドラえもんの頭に入ってるのと同じ部品」
と答えた。
さすがのうにゅほも誤魔化されたと理解したのか、渋い顔で小首を傾げていた。
帰宅して、PCケースの蓋を開いた。
ダスキンでホコリを取りながら、マザーボードをいじる。
メモリの増設は非常に簡単である。
マザーボードから古いメモリを引っこ抜き、新しいメモリを挿し込むだけでいい。
鼻歌まじりでメモリのロックを外そうとして、凍りついた。
グラフィックカードが片方のロックを塞いでいる!
そして、当のグラフィックカードを引き抜こうとすると、今度はハードディスクに引っ掛かってしまう。
これは大仕事になりそうだ。
工具箱からマグネットドライバーを取り出し、マザーボードごと外そうと奮闘すること三十分。
うにゅほが夕飯の支度から戻ってきた。
「なにやってるの?」
「メモリを取り替えたいんだけど、引っ掛かってできないんだ」
「メモリって、さっきのやつ?」
「そう。だから、分解してるの」
「ぬけないの?」
「見てな」
俺はメモリのロックを六角レンチで押し込み、指先にぐっと力を込めた。
「ほら! ……抜けた……」
抜けてしまった。
「ぬけたね」
「ああ、うん。よかった。ありがとう」
「? うん」
単純に引っ張る力が足りなかっただけらしい。
よく考えてみると、そもそもグラフィックカードを抜かないとメモリを増設できないマザーボードなんて不良品もいいところである。
組み立てて起動してみると、メモリはちゃんと認識されていた。
動作も良好である。
ただ、手元に残った五つのネジだけが不安を誘う。
たぶん大丈夫だと思う。
思いたい。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/313-054cfc35
トラックバック
2012年6月20日(水)PCの動作が重いので、メモリを増設することにした。ついでに頼まれた蛍光灯をヨドバシカメラで購入し、いそいそとドスパラへ向かった。客足の多い電機店は、やはり苦手であるようだ。今度またヤマダ電機へ連れて行くから、今回は駐車場代と割り切って?...
まとめtyaiました【うにゅほとの生活209】 dot まとめwoネタ速neodot 2012.06.22 05:00
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top