FC2ブログ
2018
09.25

うにゅほとの生活2485

2018年9月25日(火)

泥酔しながら日記を書く愚をお許し頂きたい。
「はい」
ビニール袋から数本の缶を取り出し、デスクの上に置く。
「こないだの99.99を、三本買ってきました」
「さんぼんも」
「度数3%のチューハイ三本分のアルコールが、この缶の中に詰まっているわけです」
「じゃあ、きゅうほんぶん?」
「そうなる」
「のみすぎとおもう……」
「あれだけ飲みやすいと、マジで9%なのかちょっと気になってさ」
「◯◯、じぶんのからだつかったじっけん、すきだねえ」
「自分の体を使うぶんには、誰も文句言わないからな」
「わたし、もんくいう」
「──…………」
「──……」
「ごめんなさい」
「いちにち、いっぽんにしよ」
「三本!」
「……にほん」
「三本!」
「ゆずるきない……!」
「今日は酔いたい気分でして」
「もー」
うにゅほが、小さく肩を落とす。
「はいてもしらないからね」
「はい」
「せなかなでるしか、しないからね」
優しい。
「では、さっそく」
カシュッ!
99.99のクリアドライをひとくち飲む。
「……相変わらず、ちょっとアルコールの入った炭酸水って感じしかしないなあ」
「おいしい?」
「ちょっとアルコールの入った炭酸水の味」
「おいしくない?」
「普通」
「──…………」
「……舐めてみる?」
「なめる!」
うにゅほに缶を渡す。
ぺろ。
「……んー」
「どう?」
「しゅわしゅわする」
「うん」
「あまくない」
「うん」
「おさけ?」
「飲めばわかるけど、お酒なんだよこれ」
「のんじゃだめ?」
「ダメ」
「うー」
うにゅほが飲んだら、収集つかなくなるからな。

日記執筆現在、二本目を飲み終えたところである。
「……◯◯、だいじょぶ?」
「大丈夫、大丈夫。ほら、日記も書けてるし」
「そだけど」
「まあ、三本目は、すこし酔いが覚めてから飲むよ」
「うん」
99.99、なかなか手強いチューハイである。
読者諸兄も、飲むときは御注意を。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2716-22349119
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top