2018
05.13

うにゅほとの生活2351

2018年5月13日(日)

母の日である。
今年は、ふたりでお金を出し合って、瓶詰めにしたカーネーションのハーバリウムをプレゼントした。
「はーばりむ」
「ハーバリウム」
「はーばりうむ」
「そう」
うにゅほが小首をかしげて言う。
「はーばりうむ、きれいだけど、なんていみ?」
「植物標本のことらしい」
「ひょうほん……」
「ドライフラワーをオイルに漬け込んで、長持ちさせてるんだってさ」
「へえー」
うんうんと頷く。
「おかあさん、よろこんでたね」
「喜ぶのはいいけど……」
「けど?」
「あそこに飾るのは、どうかな」
「ストーブのうえ?」
「ああ」
「へんかなあ」
「変じゃないけど、危ない。いまはいいけど冬場はマズい」
「あ、そか」
ぽん。
うにゅほが胸元で手を合わせた。
「オイルって、あぶらだもんね」
「しかも、縦長の瓶だからな。地震で倒れてストーブに落ちたら、一発で火事だ」
「あぶない……」
「寝室にでも置いてもらおう」
「うん」
両親の寝室が油まみれになるぶんには、単に清掃が面倒なだけで済む。
「……問題は、母さんの誕生日に何を贈るかだ」
「そだね……」
母親の誕生日は、母の日から二週間と離れていない。
かと言って、ひとまとめにするほど近くもないので、何をプレゼントすべきか毎年悩むのである。
「せめて、一ヶ月くらいあればなあ」
「うん……」
通販を利用するのなら、あと一週間少々で決めなければならない。
喜んでもらえるように頑張ろう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2582-33c0a781
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top