FC2ブログ
2018
01.31

うにゅほとの生活2250

2018年1月31日(水)

「◯◯ー」
うにゅほの声が寝室から届いた。
「ほん、かたづけていーい?」
「本?」
「まくらもとの、ほん」
「あー」
寝る前に読書する習慣のある俺の枕元には、読みさしの本が常に何冊か積まれている。
「読んでる最中なんだけど……」
「でも、たくさんある」
「そんなにあったっけ」
「うーと、いち、にい、さん──」
番町皿屋敷のように、うにゅほが本を数え上げていく。
「──じゅういち、じゅうに、じゅうさんさつ!」
「そんなに……」
積みすぎである。
「しゃーない、片付けるか」
重い腰を上げ、寝室へと足を運ぶ。
「これ」
うにゅほが枕元を指差す。
「……言われてみれば、たしかに」
文庫、コミック、新書、ハードカバー、和書、翻訳書、小説、学術書──
ジャンルも大きさもバラバラの書物が、枕の周囲に散らばっている。
「正直、何冊かは、どこまで読んだかも覚えてない」
「それかたづけよ」
「……二冊くらいは残していい?」
「うん」
許可が出たので、二冊を残してあとは綺麗に片付けることにした。
「──あ、そうだ」
「?」
「今日、皆既月食なんだってさ」
「おー」
「たぶん、いまくらいから──」
本を抱えたまま、窓の外を見上げる。
「あ、欠けてる」
「ほんと?」
うにゅほが俺の隣に並ぶ。
「ほんとだ!」
自室の窓から見えてよかった。
寒い思いをせずに済む。
「十時くらいに、月がすっぽり地球の陰に隠れるみたい」
「いろ、かわる?」
「変わる変わる」
そう言えば、何年か前にも一緒に見たっけ。※1
数年に一度の天体ショーだ。
「次もまた、一緒に見ような」
「うん」
ふたり小指を繋ぎながら、赤銅色の月を見上げるのだった。

※1 2014年10月8日(水)参照
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2478-a4d2420e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top