FC2ブログ
2018
01.23

うにゅほとの生活2242

2018年1月23日(火)

「××、届いたぞー」
「?」
「じゃん」
片手で抱えていたダンボール箱を、うにゅほの眼前に差し出した。
「あ!」
うにゅほが目を輝かせる。
「おもちゃのかんづめだ!」
「イエース」
「あけていい?」
「いいよ」
うにゅほ待望の、金のキョロちゃん缶である。
丁寧に包装を解いたうにゅほが、箱から金色のキョロちゃんを取り出した。
「おー……」
「思ったより大きいな」
「うん」
「撫でたら喋るんだっけ」
「しゃべるよ」
うにゅほが、キョロちゃんの頭を撫でる。
「──…………」
「──……」
「喋らないな」
「しゃべらない……」
「貸してみ」
「うん」
キョロちゃんを受け取り、いじり回してみる。
「あ、開いた」
「!」
あっさりと首が外れ、中身が覗いた。
「おもちゃのカンヅメだけに、ちゃんとおもちゃも入ってるんだな」
「ほんとだ……」
「中身、全部機械かと思ってた」
「わたしも」
考えてみれば、喋るだけの人形に、それほど大仰な機構は必要ない。
「あ、わかった。くちばしの裏だ」
「うら?」
「ここに電池ボックスがある」
「でんち、いる?」
「いや、だぶん──」
電池ボックスから飛び出ていた絶縁シートを抜き取る。
すると、
『クエックション!』
「わ」
キョロちゃんの生首が、くしゃみをした。
「くびだけでも、しゃべるんだ」
「頭じゃなくて、くちばしがボタンになってるみたい」
うにゅほが、恐る恐るくちばしを撫でる。
『チャンキュー!』
「おー……」
「とりあえず、首を嵌めとくか」
「うん」
それから、しばらくのあいだ、キョロちゃんの甲高い声が自室に響き渡っていた。
「♪」
どうやら気に入ったらしい。
ちょっとうるさいけど、楽しそうだからいいか。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2468-73a16077
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top