FC2ブログ
2017
11.30

うにゅほとの生活2189

2017年11月30日(木)

今日は、愛犬の命日だった。
庭にある墓石を軽く撫で、口を開く。
「雪、解けてよかったなあ」
「そだね」
「去年、墓石埋まってたもんな」
「さむそうだった……」
「雪の下って、意外とあったかいらしいぞ」
「そなの?」
「真冬の外気温に比べれば、だけどな」
「ふうん……」
「さ、お供えお供え」
戸棚からくすねてきた父親のビーフジャーキーを取り出し、墓前に供える。
そうして、ぱん、と手を合わせた。
「──…………」
「──……」
愛犬が死んでから、今年で何年になるだろう。
実を言うと、それすらおぼろげだ。
かつて、一日は、午後六時でくびられていた。
愛犬の散歩を中心にして、生活が組み立てられていた。
朝は、うにゅほが。
夕方は、ふたりで。
愛犬を連れて、毎日、町内をぐるりと巡ったものだった。
「コロの墓参り、するとさ」
「うん」
「散歩したくなるよな」
「……うん」
「セイコーマートに、ポッキー買いに行くか」
「いく!」
「××、ポッキー好き?」
「すき」
「プリッツとどっち好き?」
「プリッツって、ポッキーのチョコないやつ?」
あ、やっぱりそんな認識なんだ。
「わたし、チョコあるほうがいいなあ……」
「じゃあ、財布取ってくるか」
「うん」
墓石に背を向ける。
その瞬間、
「──またね」
と、うにゅほが愛犬に告げた。
墓石は、ただ無言で立ち続けるだけだった。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2406-05058410
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top