FC2ブログ
2017
09.30

うにゅほとの生活2128

2017年9月30日(土)

「──…………」
俺は悩んでいた。
行動、言動、言葉の端々。
僅かな情報から推理できるほどの洞察力は、俺にはない。
そんなものは探偵にでもまかせてしまえばいい。
問題は、うにゅほの物欲が極めて薄いということである。
「……どうするべきか」
「?」
ソファの隣に腰を下ろしたうにゅほが、軽く小首をかしげてみせた。
「かんがえごと?」
「考えごと」
「なにかんがえてるの?」
「──…………」
いっそ、直接尋ねてしまおうか。
「××のこと」
「!」
うにゅほが、ピンと背筋を伸ばす。
そして、
「うへえー……」
両手でほっぺたを包み、こちらから顔を背けた。
照れているらしい。
「正確に言うと、××の誕生日プレゼントのこと」
うにゅほの誕生日は10月15日である。
あと二週間ほどしかない。
「欲しいもの、ない?」
「うと、ほしいもの……」
うにゅほが思案する。
「──…………」
「──……」
「……ない……」
やはりか。
「じゃあ、プレゼントは当日のお楽しみだ」
「うん!」
とは言ってみたものの、アイディアひとつ出てこない。
なんとしても、当日までに間に合わせなければ。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2335-1cfe7f2e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top