2017
09.25

うにゅほとの生活2123

2017年9月25日(月)

「ケツが痛い」
「けつ」
「……おしりが痛い」
「ぢ?」
「いや、尾てい骨のあたり」
「おしりのほね?」
「そうそう」
「おしり、うったのかな」
「そういう痛みではなくてだな」
「?」
うにゅほが小首をかしげる。
「尾てい骨のあたりの、皮膚が痛い」
「ひふが……」
「なんか、擦れたみたい」
「あー」
うんうんと頷く。
通じたらしい。
「びていこつ、でっぱってるもんね」
「しっぽが退化した名残りらしいぞ」
「そなんだ」
「座り方が悪いのかな……」
「うん」
うにゅほが、あっけらかんと頷く。
「……そんなに悪い?」
「こし、いたくなんないのかなって」
「まあ、それはそれとして」
「うん」
「座り方は同じなのに、なんで急に擦れるようになったのかなって」
「やせたからとおもう」
「たしかに痩せてきてるけど、見た目でわかる?」
「うん、しゅってした」
「──…………」
ちょっと嬉しい。
「おしりもね、ちいさくなったよ」
「それでか……」
いままで尻の肉に守られていた尾てい骨が、チェアの座面と擦れるようになったのだろう。
「おろないんぬるから、おしりだして」
「嫌です」
「えー……」
さすがに恥ずかしい。
ともあれ、ダイエットの成果が目に見えて現れるのは喜ばしいことだ。
ケツ痛いけど。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2327-275f4370
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top