2017
08.21

うにゅほとの生活2089

2017年8月21日(月)

行きつけのゲームセンターで、ルートビアなる清涼飲料水を手に入れた。
「──…………」
「──……」
「のむ?」
「飲む、けど……」
尻込みするのには、理由がある。
「……てんいんさん、しっぷのあじするって」
「言ってたな」
「しっぷって、しっぷかな……」
「聞き間違いでなければ……」
湿布の味がする飲み物とは、いったい。
「……まあ、飲んでみるか。ぬるくなっちゃうし」
「そだね」
プシュ!
A&Wと大きく書かれた茶色い缶のプルタブを引き開ける。
「行きます」
「……!」
うにゅほが見守るなか、ルートビアをひとくち啜る。
「──…………」
「どう?」
「感想聞いてから飲む? 聞かないで飲む?」
「……きいてから」
「砂糖を大量にぶち込んで甘く煮た湿布の煮汁に炭酸を入れて冷やしたものの味がする」
「──…………」
「──……」
「おいしい?」
「不味い」
「……やめとこかな」
「まあまあ」
うにゅほの手に、ルートビアの缶を握らせる。
「ひとくち、ひとくち」
「うー……」
「あとは俺がなんとか処理するから」
「わかった……」
うにゅほが恐る恐る缶を傾けていく。
くぴ。
「……うべえ」
「どうだった?」
「しっぷのあじする……」
「な?」
残りのルートビアは、俺がなんとか飲み干した。
不味いは不味いが、話の種にはなる味だ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2282-beb377dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top