2017
08.18

うにゅほとの生活2086

2017年8月18日(金)

「──…………」
ホームセンターで備蓄用のペプシを購入したあと、自室のベッドに突っ伏した。
「ねむみがある……」
「ねむみ」
「ねむみ」
「ねむみ、かわいいねえ」
「響きが?」
「うん」
文法としてはガッツリ間違っているのだが、それでもなんとなく通じてしまうのは、日本語の奥深さである。
「ねずみ」
「ねずみ?」
うにゅほが小首をかしげる。
「ねむみのある、ねずみ」
「ねずみ」
「うとうとしてる」
「かわいい……」
「次は、××の番」
「うーと」
しばしの思案ののち、
「……みみず?」
「みみず、可愛いかなあ」
「ねずみと、みみず」
「……なんか、急に絵本っぽくなったな」
「うん」
「ねむみのある、ねずみと、みみず」
「とうみん」
「冬眠だな」
「つぎ、◯◯のばん」
「あー……」
ルールのない言葉遊び。
意味などないが、それでも楽しい。
「じゃあ、寝耳に水」
「ねみみにみず」
「ねむみのある、ねずみとみみず、寝耳に水」
「おきちゃうかな」
「寝耳に水だからな」
なんだか、絵本が一冊描けそうな勢いだ。
絵の上手い方、三人で一山当ててみませんか。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2278-1daaaada
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top