2017
08.17

うにゅほとの生活2085

2017年8月17日(木)

ペプシの備蓄が切れたため、買いに出掛けようとしたときのことだった。
「──あっ」
「?」
「ストラップの紐が切れた……」
「ほんとだ……」
愛用の携帯ストラップの松葉紐が、なかばほどで完全に千切れていた。
「えんぎわるいねえ」
「逆に、運がよかったかもしれないぞ」
「……?」
うにゅほが小首をかしげる。
「外で千切れてたら、本体部分を落としてたかもしれない」
「あ、そか」
「本体さえなくさなければ、松葉紐を交換するだけで済むからな」
「まつばひもっていうの?」
「そうだよ」
「へえー」
玄関で靴を履こうとして、
「靴紐が解けてる」
「──…………」
うにゅほの表情が、目に見えて翳る。
「……縁起が悪いのは、靴紐が切れたときだからな?」
「うん……」
「解けてるのは、普通だから」
靴を履き、玄関を出る。
家の前にある児童公園の向こう側に、小さくカラスの姿があった。
「……きょう、いくのやめよ」
「いや、遠い遠い!」
目の前を横切られたならまだしも、この距離のカラスを縁起が悪いと言うのなら、日本全国どこだって縁起が悪いだろう。
「気にしすぎだって」
「──…………」
俺の上着の裾を握りながら、うにゅほが無言の抵抗を貫く。
「……はあ」
溜め息ひとつつき、
「わかった。行くの、明日にしよう」
「うん……」
ペプシを飲まないと死んでしまうわけでもない。
水でも啜ってやり過ごせばいいだろう。
「××って、けっこう縁起とか気にするよな」
「きにする」
俺はさほど気にならないのに、いったい誰に似たのだろう。
母親だな、うん。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2277-10823a2f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top