2017
07.31

うにゅほとの生活2068

2017年7月31日(月)

しと、しと。
朝から降り続ける雨が、窓の外を静かに煙らせている。
「──あーめ、あーめ、ふーれ、ふーれ、かーあさーんがー」
囁くようなうにゅほの歌声が、雨音と混じって心地よい。
「ふーふふーで、おーむかーえ、うーれしーいなー」
「ふふふ?」
「わすれちゃった……」
「思い出してみよう」
「ひんと」
「和傘のことです」
「わがさ……」
「時代劇に出てくるような傘のことだよ」
「あかいかさ?」
「色はその時々だと思うけど……」
まあ、でも、赤い和傘が多い印象はある。
「わーがさーで、おーむかーえ、うーれしーいな?」
「ヒントだってば」
「うー」
「わからない?」
「わかんない」
「では、一生その疑問を抱えて生きていくがよい」
「えー」
「冗談」
「こたえ……」
「蛇の目」
「じゃのめ?」
「ヘビの目と書いて、蛇の目。蛇の目模様の傘のこと」
「じゃーのめーで、おーむかーえ、うーれしーいな」
「そうそう」
「ぴーち、ぴーち、じゃーぶ、じゃーぶ、ふん、ふん、ふん♪」
相変わらず、微妙に違う。
「××、ドレミの歌とか歌える?」
「うん」
「歌ってみて」
「どーは、どーなつーのーどー」
「うん」
「れーは、れもんのれー」
「──…………」
「みーは、みーんなーのーみー。ふぁーはふぁいとのふぁー」
頷きながら、続きを促す。
「そーは、あおいそらー。らーはらっこのらー」
「あ」
「?」
うにゅほが小首をかしげる。
「……いや、なんでもない」
ちょっとだけ間違えて覚えているのが、うにゅほらしくて可愛いので、無粋な指摘はしないでおこう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2256-3c0ce694
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top