2017
07.24

うにゅほとの生活2061

2017年7月24日(月)

「──◯◯、◯◯!」
のんびりブラウジングなどしていると、うにゅほが自室に駆け込んできた。
「どした」
「ちいちゃいあり、いた!」
「──!」
思わず腰を浮かす。
「どこに出た」
「かだん!」
「家の中では?」
「みてない」
「よし」
最悪のケースは免れた。
「ダスキンのひとに、ぶしゅーって、ころしてもらったのにねえ……」
「アリを全滅させても、巣には卵がある。卵が孵れば、またコロニーを作る」
「そなんだ……」
「だが、そうなることは予測済みだ!」
デスクの引き出しから、あるものを取り出す。
「理想的殺蟻剤、アリメツ!」
「おー」
うにゅほが小さく拍手する。
「◯◯、ドラえもんみたい」
「そう?」
声真似でもしておけばよかったか。
「ともあれ、これは、市販されている中では最強と謳われる対アリ用撲滅兵器でな。こんなこともあろうかと、通販で買っておいたんだ」
「ありのすころりより、すごい?」
「レビューを信じるならば」
そもそもアリの巣コロリが効いた試しはなかったような気がするけれど。
「これを原液のまま添付の小皿に入れて、巣の近くか通り道に置くだけでいいらしい」
「へえー」
「やってみよう」
「うん!」
花壇まで足を運び、アリメツを入れた小皿をアリの通り道に置く。
すると、あっという間にアリが群がってきた。
「すごい」
「何入ってるんだ、これ」
成分を確認すると、糖蜜が含まれていた。
そりゃ群がるはずである。
「あり、しぬかなあ……」
「これで全滅してくれればいいんだけど」
「うん……」
新しいコロニーは、まだ家屋内へと通じる道を学習していない。
その前に、何としても潰さねば。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2248-68773cdc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top