2017
06.27

うにゅほとの生活2034

2017年6月27日(火)

「ありがとうございましたー」
挨拶に背を押されるように、セイコーマートを後にする。
「また買ってしまった……」
「かってしまったねえ」
車内に戻り、袋を開く。
「セイコーマートの、バタークロワッサン」
「かけるに」
「それと、豆乳」
「かけるに」
「いま食べる?」
「たべる!」
バタークロワッサンと豆乳をひとつずつ、うにゅほに手渡す。
「いただきます」
「いただきます」
クロワッサンを開封し、端っこにかぶりつく。
口内から鼻腔までを、バターの香りが満たしていく。
「……美味いんだよなあ」
「うん、おいしい」
普段の俺なら生クリームでも欲しがるところだが、このバタークロワッサンには何も足したくない。
それくらい、完成された美味しさなのである。
「──…………」
もぐもぐ。
バターの風味を豆乳で押し流し、豆乳の後味をバターで塗り替えていく。
それを幾度か繰り返すと、バタークロワッサンは、あっと言う間になくなってしまった。
「ごちそうさま」
「◯◯、たべるのはやい」
むぐむぐ。
助手席を見ると、うにゅほはまだ、三分の一ほどしか食べ終えていなかった。
「はんぶん、たべる?」
「いや、悪いよ」
「そか……」
「──…………」
「──……」
「やっぱひとくちだけ」
「あーん」
「あー」
ぱく。
やはり、セイコーマートのバタークロワッサンは美味である。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2215-9d9acd94
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top