2017
04.17

うにゅほとの生活1964

2017年4月17日(月)

カチ、カチ、カチ。
iPhone7のホームボタンを、親指の腹で連打する。
「──…………」
続いて、人差し指の爪を立ててホームボタンを押してみる。
「?」
しーん。
ボタンが反応しない。
それどころか、クリック音すらしない。
「──…………」
人差し指の先で、ホームボタンにゆっくりと圧力を掛けていく。
カチッ。
「んー……?」
首をかしげていると、
「どしたの?」
うにゅほが俺の手元を覗き込んだ。
「iPhone7のホームボタンの違和感について、検証してた」
「いわかん?」
「押してみ」
iPhone7を手渡す。
「?」
うにゅほが、左手に持ったiPhone7のホームボタンを、右手の人差し指でぎこちなく押した。
カチッ。
「あれ」
カチッ、カチッ。
「なんかへん……」
「なんか変だろ」
「うん」
「6と比べて押した感がないというか、押し込んだ感じがしないというか」
「いわかん……」
「違和感」
そうとしか表現できない語彙力がもどかしい。
「あと、爪で押しても、綿棒で押しても、カチッて鳴らないんだ」
「なんでだろ」
「わからん。わからんから、調べてみよう」
「うん」

調べてみた。

「──iPhone7のホームボタンは感圧式で、押したら振動し、押したように感じる、とかなんとか」
「よくわかんない……」
「つまり、ボタンとして、物理的に押し込まれているわけではないらしい」
「へんなの」
「iPhone7は防水仕様だからかな」
「そこからみず、はいるから?」
「そういうことだと思う」
「へえー」
理由のない変更でないなら、違和感も受け入れられる。
「ま、そのうち慣れるだろ」
「うん」
いまのところ調子もいいし、わりと満足である。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2141-53c2fc47
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top