FC2ブログ
2017
02.28

うにゅほとの生活1916

2017年2月28日(火)

「──ぱーいーなーつーぷーる!」
とん、とん、とん。
うにゅほが軽やかに階段を上がっていく。
「じゃーんけーん」
「じゃーんけーん」
「しょ!」
「しょ!」
俺は、グー。
うにゅほは、チョキ。
「グ、リ、コ」
三段上がる。
「××」
「?」
「まだやるの?」
「うん」
「そうか……」
三十絡みの男のする遊びではないと思うのだが。
「じゃーんけーん」
「じゃーんけーん」
「しょ!」
「しょ!」
俺は、グー。
うにゅほは、パー。
「ぱーいーなーつーぷー……」
最上段を踏んだうにゅほが、
「る!」
そこで折り返し、一段下がった。
「××」
「?」
「ピッタリじゃないと駄目なの?」
「うん」
「そうか……」
これは長丁場になりそうだ。
途中、部屋から出てきた弟に冷ややかな目で見られながら、階段を一往復半してようやく二階へと辿り着いた。
「たのしかった」
「そっか」
「◯◯、たのしくなかった?」
「……いや、まあ、懐かしくはあったかな」
「そか」
××が楽しかったのなら、付き合った甲斐があるというものだ。
少々気恥ずかしいので、二度はやりたくないけれど。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2089-58763161
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top