FC2ブログ
2017
02.24

うにゅほとの生活1912

2017年2月24日(金)

Steamの年末セールで購入したダークソウル3をようやくプレイし始めた。
「──……!」
敵に襲われるたび、敵を斬り伏せるたび、チェアの背もたれが軋みを上げる。
うにゅほが背もたれに抱きついているのだ。
「あ、死んだ」
「◯◯、しんだ……」
痒くもない後頭部を掻きながら、誤魔化すように呟く。
「ダクソ、やっぱ難しいなあ」
「むずかしいの?」
「死にまくってるのはわかるだろ」
「うん」
「そういうこと」
「たくさんしんで、たいへんだねえ……」
「死んで覚えるゲームだからな」
「そうなんだ」
「まあ、マリオなんかもそうだけどさ」
「うん」
「マリオ、何面まで行けたんだっけ」
「さんめん……」
一時期、初代スーパーマリオブラザーズにハマっていたうにゅほである。※1
「頑張ったな」
「がんばった!」
「三面って、夜の面だっけ」
「うん」
「だいたい飛ばしちゃうから、あんまり覚えてないな……」
「?」
うにゅほが小首をかしげる。
「とばす?」
「ああ、ほら、1-2のワープで──」
「わーぷ」
「──…………」
「──……」
「あれ、教えなかったっけ」
「しらない」
「1-2にワープ土管があって、一気に四面に行けるんだけど」
「えー!」
うにゅほが身を乗り出す。
「ずるい!」
「まあ、ずるいかも……」
「わーぷどかんって、どこ?」
「あー、3DS持ってきて」
「うん!」
こうして、うにゅほの初代マリオ熱が再発するのだった。

※1 2015年4月4日(土)参照
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/2085-64958040
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top