FC2ブログ
2012
02.29

うにゅほとの生活97

2012年2月29日(水)

家族で映画を観に行った。
朝一の上映だったため、八時過ぎには家を出た。
後部座席でうつらうつらしていると、うにゅほが鼻息荒く、自分のまったく太くないももを叩いてみせた。
うにゅほを膝枕することはままあるが、逆は初めてである。
細身のジーンズを履いていたこともあり、思ったよりも固い感触だったが、枕としては十二分だ。
浅い睡眠を経て目を覚ますと、すこし薄暗かった。
うにゅほも居眠りをしていたらしく、運転席に×××××××××、×××××××××××××××××××。※1
小樽のシネマ・コンプレックスは、時間帯のせいもあり、ひどく空いていた。
独特の雰囲気に、うにゅほは「おー!」と感嘆の声を上げながら、きょろきょろと周囲を見渡していた。
前に映画館まで足を運んだのは、「コクリコ坂から」の上映期間中であり、たしか夏の出来事だ。
そのころはまだ、うにゅほと出会ってすらいない。
そんな時期があったということ自体が、なんだか不思議に思えた。
今日の目当ては、劇場版「逆転裁判」である。
俺や弟、母親は、原作をプレイしているので、たとえ超展開でも筋は理解できる。
未プレイのうにゅほはどうか、と不安に思っていたのだが、杞憂に終わった。
原作を上手く、かつ面白くまとめてあり、良作と評しても構うまい。
殺人シーンに差し掛かっても平気な素振りでいたのが意外だったものの、よく考えれば俺が日頃から見ているサイコ映画のほうがよほどグロい。
慣れたのが、いいことなのか、悪いことなのか。
上映後、うにゅほに面白かったかと尋ねると、深い頷きをもって返された。
「でも、なんでみんなヘンなかっこしてるの?」
と尋ね返され、
「み、未来だから?」
と、なんの工夫もない返答しかできなかったことが、心残りと言えば心残りである。

※1 自主規制
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/196-fde9cca9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top