FC2ブログ
2012
02.24

うにゅほとの生活92

2012年2月24日(金)

俺のデスクの上には、必ず飲み物が置いてある。
それは炭酸飲料であったり、ミルクティーであったり、ペットボトルに汲んだ水道水であったりする。
喉が渇きやすい体質であるため、必要不可欠なのだ。
ペットボトルを倒したときに被害を最小限に抑えるため、いつもしっかりとキャップを閉めている。
うにゅほも時折、500mlペットに汲んで冷やしてある水道水を持ってきて、読書のお供にしている。
ソファに腰を掛けながら、ペットボトルを太もものあいだに挟んでいる姿をよく見るのだが、冷たくはないのだろうか。
あと、すぐにぬるくなると思うのだが。
今日、このペットボトルに関して、不可解なことがあった。
うにゅほがキャップを開けようとして、それを勢いよく飛ばしてしまったのである。
飛んだのはキャップだけであったため、特に被害らしい被害はない。
しかし、だ。
ふつう、飛ぶか?
どんな開け方をすれば、そうなるのだ。
そう尋ねたところ、意外な答えが返ってきた。
「◯◯とおなじ開けかた、したかった」
俺と同じ?
そんな特殊な開け方、していただろうか。
自分がいつも、どうキャップを開けていたか、ぼんやりと思い出しながらペットボトルに手を触れた。
まず、左手の中指と親指でキャップを緩める。
中指でキャップを勢いよく回転させ、軽く浮かび上がったところを掴みとる。
手のひらにキャップを収めたままペットボトルを持ち上げ、口をつける。
水道水を飲み下しながら、思った。
確かに、ちょっとだけ曲芸じみているかもしれない。
両手を使うのが面倒だっただけなのだが、無意識とは恐ろしいものだ。
うにゅほは、キャップを両手で緩めたあと、中指で回転させる段階で吹き飛ばしてしまったらしい。
まあ、キャップの開け方くらい自由にすればいいのだが、その場所で水をこぼされると、PC本体に甚大な被害が及んでしまう。
それだけは勘弁してくれと哀願し、キャップを閉めた。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/191-058e1bc3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top