FC2ブログ
2016
01.31

うにゅほとの生活1523

2016年1月31日(日)

仮眠を取ろうと横になっていたところ、不意に気配を感じた。
アイマスクを上げると、うにゅほと目が合った。
「……どうかした?」
「うと、その、ねてるかなって」
「不安だったか」
「うん……」
祖母は、眠るように逝った。
そのイメージが脳裏に焼きついて離れないのだと思う。
「大丈夫、寝るだけだよ」
「……うん」
「鼻詰まってるから、ぴーぴーうるさいだろ」
「うん」
「手でも握るか?」
「ひざまくら……」
「膝枕するの好きだなあ」
「すき……」
「じゃあ、お願いしようかな」
「うん」
マットレスに腰を下ろしたうにゅほが、伸ばした両足をぽんぽんと叩く。
「いいよ」
「はいはい」
細く、しなやかで、芯のあるふともも。
慣れた寝心地だ。
「あいますく、ずらしていい?」
「ずらしたらアイマスクの意味がないと思うんだけど……」
「めかくしするから」
「……まあ、いいか」
テンピュールのアイマスクを外すと、うにゅほの両手が俺の目元を隠した。
「──…………」
手が熱い。
落ち着かない。
「……××、目隠しいいわ」
「あかるいよ?」
「大丈夫、すこしくらい明るくても眠れると思うから」
「そか」
「代わりに頭でも撫でててくれ」
「わかった」
髪の毛が掻き上げられ、うにゅほの手のひらがぎこちなく頭頂を這いまわる。
懐かしい感触だ。
仮眠はできなかったが、休息は取れた。
十分である。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1673-2288784f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top