FC2ブログ
2015
09.30

うにゅほとの生活1402

2015年9月30日(水)

「──…………」
闇に没した天井を、ぼやけた瞳で見つめ続ける。
「……くあ」
生あくび。
眠い。
だが、眠れない。
携帯で時刻を確認する。
午前四時二十分。
かれこれ二時間以上は布団のなかで悶々としていることになる。
「……あふ」
また、生あくび。
あくびばかりが出ていくが、目はギンギンに冴えている。
「──…………」
「……すう」
耳をそばだてると、うにゅほの寝息が聞こえてきた。
安眠である。
「はあ……」
なんとまあ、羨ましい。
上体を起こし、眼鏡を掛ける。
仕方ない、眠くなるまでネットでもしていよう。
ぎ。
俺の体重を受けたチェアが、ちいさく軋む。
「……ん」
うにゅほが声を上げた。
起こしてしまっただろうか。
「ん、んー……」
もぞもぞ。
「──……すう」
ディスプレイの脇からうにゅほの寝姿を覗くと、ちょうど寝返りを終えたところだった。
よかった。
俺の不眠にうにゅほを巻き込んでは、さすがに悪い。
「──…………」
だが、こうまで安眠の様子を見せつけられると、なんだかいたずらしたくなってくる。
しばし頭をひねったあと、携帯のアラームを六時にセットしておくことにした。
うにゅほの体内時計は強靭で、なにがあろうと午前六時前後には起床する。
実害なく、ちょっとだけ驚かせることができるだろう。
「……ふふ」
うにゅほの枕元に携帯をそっと置き、ほくそ笑む。
そして、五時過ぎにようやく就寝した俺は、午前六時を告げる携帯のアラームに叩き起こされたのだった。
馬鹿なのか。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1550-54894d99
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top