FC2ブログ
2015
09.22

うにゅほとの生活1394

2015年9月22日(火)

「──晴れた!」
「わー!」
うにゅほとハイタッチを交わす。
「よし、九時には出るぞ。準備しろ!」
「はーい!」
外出用のポシェットを肩に提げながら、うにゅほが尋ねた。
「ね、どこいくの?」
「ニセコだよ」
「にせこ」
「ニセコの牧場に、ソフトクリームを食べに行くんだ」
小樽、余市を経由し、国道5号線に沿ってひたすら南下していくと、二時間ほどで左手に富士山に似た山が見えてくる。
「ほら、あれが羊蹄山だ」
「ようていざん?」
「あー、頂上に雲かかってるな……」
「しゃしんとっていい?」
「おう、撮れ撮れ」
ウインカーを出し、停車する。
うにゅほは、友人から貰ったデジカメがお気に入りらしく、適当な被写体を見つけては事あるごとにシャッターを切っていた。
「ぼくじょう、とおいねえ」
「そろそろだと思うけど……」
ニセコの高橋牧場に辿り着いたのは、十二時ちょうどのことだった。
「うあー……」
周辺をぐるりと見渡し、うにゅほが俺の袖を引いた。
「こんでる……」
「シルバーウィークだからなあ」
混んでいるのは予想していたが、ソフトクリームを買うのに十分以上も並ぶとは思わなかった。
「うへー」
純白のソフトクリームを片手に、うにゅほが期待に満ちた笑みを浮かべる。
「いっせーのーで、ね」
「いっせーのーで?」
「いっせーのーで、で、たべる」
「はいはい」
よくわからないが、それくらいならいくらでも付き合おう。
「──いっせーのー、で!」
うにゅほの合図と共に、自分のソフトクリームにかぶりつく。
「あ、美味い」
「ほいひいねえ!」
「さすが、牧場のソフトクリームって感じだな」
「うん!」
普通のソフトクリームより甘さは控えめなのに、コクが強く、後味はさっぱりしている。
「シュークリームも食べるか」
「たべる!」
「チーズケーキも売ってるから、これはおみやげにしよう」
「そだね」
干し草のロールベールや農業機械などをパシャパシャと撮影し、高橋牧場を後にした。
帰り際、
「──あ、ようていざん!」
「おー、雲、晴れてるじゃん」
「しゃしんとっていい?」
「ああ」
道路の端に停車し、車を下りる。
ミラジーノのボンネットに寄り掛かりながら、尋ねた。
「……来てよかったか?」
パシャパシャと羊蹄山を撮影しながら、うにゅほが答えた。
「うん!」
なら、よかった。
ちなみに、うにゅほの撮影した写真は、デジカメの設定が悪かったのか、ほとんどが真っ白でなにも写っていなかった。
うにゅほががっかりしていたが、有意義な一日であったことに変わりはない。
今度は、デジカメの設定を確かめて、紅葉の綺麗な場所にでも赴くことにしよう。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1542-9acb59b8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top