FC2ブログ
2015
07.31

うにゅほとの生活1341

2015年7月31日(金)

「──……ぬ」
不快感に目を覚ます。
甚平の懐に手を入れると、指先が寝汗でしとどに濡れた。
暑い。
死ぬほど暑い。
「あ、おきた」
「……おはよう」
「おはようございます」
ぺこり。
「……今日、暑くない?」
「あついねえ」
温度計を覗く気にもなれない。
「××、平気そうだけど……」
「うん」
こくり。
「さっき、シャワーあびたから」
「あー」
いいなあ。
「俺も浴びてこようかな」
「そのほういいよ」
首筋を撫でる。
びちょ。
「……そうだな」
「いってらっしゃい」
「行ってきます」

シャワーを終えて戻ってくると、扇風機が部屋の外に出されていた。
「おかえりー」
「ただいま」
よく見ると、エアコンの効いたリビングの空気を自室へと送り込んでいるようだった。
「おー、頭いいな」
「うへー」
うにゅほが両手でほっぺたを包む。
「しもとりしたとき、せんぷうきつかったから」※1
「なるほど」
ナイス応用である。
「涼しくなってるかなー」
扇風機を避けながら自室に入る。
暑い。
十五分程度じゃそんなものかと顔を上げたとき、
「……××、窓開いてる」
「?」
うにゅほが小首をかしげる。
「だめなの?」
「まあ、うん、駄目だな。冷気が逃げるから」
「あ、そか」
詰めが甘いところがうにゅほらしいと思った。

※1 2015年7月24日(金)参照
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1489-babdd7e0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top