FC2ブログ
2015
07.27

うにゅほとの生活1337

2015年7月27日(月)

「──……!」
は、と目を覚ます。
首元に手をやると、かなり寝汗をかいていた。
「あ、おきた」
「嫌な夢を見た……」
「どんなゆめ?」
「──…………」
あっという間に散らばっていく夢の記憶を拾い上げ、まとまらないまま口を開く。
「……玉乗り」
「たまのり」
「玉乗りをさせられた」
「うん」
「でも、玉じゃなかったんだ」
「なんだったの?」
「ムカデ」
「え」
「オレンジと黒の混ざった色をした、何匹ものムカデだった」
「はー……」
「で、起きた」
「やなゆめだねえ」
「おはようございます」
「おはようございます」
ぱたぱたと胸元に風を送りながら、おもむろに立ち上がる。
温湿度計を覗き込むと、31℃だった。
暑いはずである。
「××、リビングで涼んでればよかったのに」
「すずんでたよ」
「今は?」
「ほんとりにきたら、◯◯がうんうんいってたから、みてた」
そう言ってうにゅほが掲げたのは、買ったばかりのスケッチブック11巻だった。
「……そういうときは起こしてくれていいからな」
「わかった」
こくりと頷く。
「夏だなあ」
「なつだねえ」
「ガリガリくん、まだあったっけ」
「あったとおもう」
「リビングで食おう」
「うん」
エアコンの効いたリビングで食べるガリガリくんは、凍らせたネクタルの味がした。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1485-def9da1f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top