FC2ブログ
2015
07.23

うにゅほとの生活1333

2015年7月23日(木)

「◯◯、このチョコにがいー」
「うん?」
うにゅほが舌を出しながら持ってきたのは、カカオ72%のチョコレートだった。
「なんだ、72%か」
「?」
「俺、ビターなチョコわりと好きだからな」
「へえー」
個包装を破り、チョコレートを口に放り込む。
「おいしい?」
「──…………」
ペットボトルの烏龍茶を無言で飲み下す。
「苦い」
「にがいよね」
「あれ、こんなに苦かったっけ……」
カカオ99%のチョコレートが流行していたころ、この程度の割合のチョコを好んで食べていた気がするのだが。
「ぺ、ぺ、駄目だこれ、後味残る」
「わたしもー……」
「××、甘いチョコない?」
「ない」
「あ、牛乳飲んだらマシになるんじゃないか」
「なるかな」
リビングへと赴き、グラスに牛乳を注ぐ。
「ほら、××」
「うん」
こく、こく。
「あ」
「どうだ?」
「くちのなか、おいしくなった」
「美味しく?」
「はい」
グラスを受け取り、そっと牛乳をすする。
「……ほんとだ、苦味消えるな。すっきりする」
「でしょ」
「牛乳飲みながらなら、このチョコも美味しくいただけるんじゃないか?」
「どかな」
「試してみよう」
「うん」
試してみた。
「あ、美味い」
「ほんとだ」
「やっぱ、チョコにはミルクが必要なんだな」
「ねー」
俺たちのような子供舌には、ミルクチョコレートがお似合いなのだろう。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1480-6dc5b54b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top