FC2ブログ
2015
05.31

うにゅほとの生活1281

2015年5月31日(日)

ぼり。
ぼりぼり。
飴を噛み砕く振動が、奥歯を伝わって頭蓋を揺らしている。
「◯◯、もうかんじゃったの?」
「もう噛んじゃった」
「◯◯、すぐかんじゃうねえ」
「なんかなー」
ココアキャンディの残りカスを噛み潰しながら、新しい飴の個包装を破ろうとして、

──ガリ!

「……?」
不意の異物感に顔をしかめた。
なんだろう。
指先に吐き出すと、白く、半透明な、2mm角ほどの小さな破片だった。
「なんだ、これ」
「なにー?」
「なんか、口から出てきた」
「くちから──」
うにゅほが俺の口元を覗き込み、はっと目を丸くした。
「◯◯! まえば!」
「前歯?」
「かけてる!」
「──……えっ」
卓上鏡を手に取り、恐る恐る確認する。
「あー……」
小さく目立たないが、確かに前歯の一部が欠け落ちていた。
「あめかむから……」
言葉も無い。
「……これ、歯医者行ってなんとかなるのかなあ」
「わかんない」
鏡に向かい、笑顔を作ってみる。
間が抜けていた。
「──……はあ」
溜め息と共に、大きく肩を落とす。
「飴は、奥歯で噛むことにしよう……」
「かむんだ……」
「あと、なるべく小さくなってからにしよう」
「かむんだ……」
「××も気をつけろよ」
「うん」
うにゅほが真剣な瞳で頷いた。
女の子だもの、前歯が欠けるなんて嫌だよな。
男だって嫌だけど、欠けてしまったものは仕方がない。
現代の歯科技術に委ねよう。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1427-0e4497ae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top