FC2ブログ
2014
07.31

うにゅほとの生活977

2014年7月31日(木)

夏用ラグの上で足を伸ばしながら、リビングでDVDを鑑賞していた。
うにゅほは、ソファの上で仰向けになって漫画を読んでいる。
あまり興味を引かれなかったらしい。
「といれー」
不要な宣言と共に、うにゅほが漫画を持ったままトイレの扉を閉めた。※1
間違いなく俺と弟の影響である。
「~♪」
しばらくして戻ってきたうにゅほが、俺の右足の向こう脛に腰を下ろした。
随分と細いところに座るものだ。
「おしり痛くないの?」
「ちょっといたい」
「じゃあ──」
両足をピンと揃える。
「この上に乗んなさい」
「ありがと」
うにゅほが両足の向こう脛に腰を下ろす。
ふにっとしたおしりの感触に、なんとなく得をした気分になった。
「──…………」
「──…………」
しばし無言でドラマに集中していると、足先から迫り上がるように暑くなってきた。
真夏日に密着しているのだから、当然と言えば当然である。
ただ退いてもらうのも味気ないので、すこし遊んでみることにした。
「……ッ!」
床に突いた手を支えにして、爪先を徐々に持ち上げていく。
「ぎ、ぎぎぎ……」
「?」
読書に集中していたうにゅほが違和感に気づいた。
「ういてる」
「ぐぎ、ぎ、ぎ」
「おー!」
ちょっと楽しそうなうにゅほを尻目に、
「──ノぅ!」
爪先を限界まで持ち上げる。
「わー!」
うにゅほの体が滑り落ち、すっぽりと胸に収まった。
「あはは、すごい!」
「はー……」
うにゅほは大喜びだが、こちらは息も絶え絶えな上にふとももが攣りそうである。
思ったより体力を消耗してしまった。
「もっかい」
「無理、無理……」
「そっかー」
残念そうに呟き、うにゅほはソファへ戻っていった。
涼しい遊びをしたい。

※1 不要な注釈 ── うにゅほは、小用の場合でもトイレに漫画を持ち込むことがある。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1116-0441e65b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top