FC2ブログ
2014
07.25

うにゅほとの生活971

2014年7月25日(金)

昨日の日記において、
「網戸に虫コナーズを貼っているにも関わらず、網戸に虫がやってくる」
と書いたが、
調べてみたところ、網戸に貼るタイプのものは、ユスリカとチョウバエにしか対応していないようだった。
「蚊──は、たしかに見てないけど」
「ちょうばえって、なに?」
「検索してみる?」
「してみない」
俺も検索したくない。
「蛾がとまる理由はわかったけど、適用害虫少なすぎるだろ……」
「ね」
ふたりで顔を見合わせる。
「──あ、スプレータイプのやつは蛾も対応してるっぽい」
「あみどにしゅーって?」
「そうそう」
というわけで、虫コナーズに汚名返上のチャンスを与えることにした。

「じゃーん」
うにゅほが、ドラッグストアのレジ袋から虫コナーズ スプレータイプを取り出した。
「しゅーってやろ!」
「クリームパン食ってからにしようぜ」
「はい」
おやつの時間を終えたあと、網戸に防虫処理を施すことにした。
「◯◯、うえたんとう。わたし、したたんとう」
「××じゃ上まで届かないからな」
「うん」
網戸から30cmほど距離を取り、
「縦、縦、縦、縦、横、横、横、横──と」
格子を描くようにスプレーを噴射する。
「ななめは?」
「二回も重ねがけすれば十分だろ」
うにゅほにスプレー缶を手渡す。
「……たて、たて、たて、たて、よこ、よこ、よこ、よこ」
俺の真似をする姿が微笑ましい。
「とりあえず、家にある網戸という網戸にスプレーしまくろう」
「おー!」
自室、リビング、階段ときて、両親の寝室でのことだった。
窓を開けた瞬間、心地よい風が頬を撫でる。
「──……はー」
涼しい。
向かい風だと注意する前に、
「しゅー……、わー!」
うにゅほがスプレーの煽りをモロに受けていた。
「大丈夫かー?」
「……うん、くさくない」
臭くなくても有害なものはいくらでもあるが、この程度なら大丈夫だろう。
寝室の網戸の防虫処理は、風向きの良い日に行うことにした。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1109-45812f6d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top