FC2ブログ
2014
06.30

うにゅほとの生活946

2014年6月30日(月)

「──……ぅ……」
すっかりのぼせてしまった。
湯船で読書するのを控えるつもりはないが、自分の限界について考える必要はありそうだ。
バスタオルで体を拭き、甚平の下衣を身に着ける。
上衣は、まあ、涼んでからにしよう。
湯だった頭でそう思い、脱衣所を後にした。
渾身の力で手すりを掴みながら、なかば全身を引き上げるようにして階段をのぼっていく──
「──…………」
が、十段めで力尽きた。
めまいがする。
吐きそうなほど気持ちが悪い。
その場に座り込み、階段の段鼻に背中を預けた。
「──……あー」
情けない。
階段も上がれないのか。
テレビの喧騒に聞き入りながら体力の回復を待っていると、
「──◯◯?」
上方から声がした。
さらに反り返ると、逆光を背負ったうにゅほの姿が目に入った。
「どしたの……?」
「……んー」
なんと言えば心配をかけずに済むだろう。
すこし考えて、
「のぼせちゃいまして……」
素直に伝えることにした。
「のぼせたの?」
「あー」
「たてない?」
「……ちょっと、手ー貸してくれる?」
「!」
うにゅほの肩を借り、自室へと辿り着いた。
「はー……」
ごろん。
うにゅほの寝床で横になる。
「◯◯、どしたらいい……?」
「このまま寝てれば、よくなるよ」
「ほかには?」
「……えー、涼しいほうがいいかな」
「わかった」
うにゅほがリビングへ行き、うちわを手に戻ってきた。
「あおぐよー」
ありがたい。
マハラジャ気分でうとうとしていると、だんだん湯冷めしてきた。
「……寒い」
そう呟くと、
「はい!」
頭まで毛布を掛けられた。
湯船で読書は、二、三十分に留めておこう。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://neargarden.blog68.fc2.com/tb.php/1084-59bb123a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top