2017
06.30

うにゅほとの生活2037

2017年6月30日(金)

PCで動画を再生しながらエアロバイクを漕いでいたときのことである。

──バツン!

唐突に、ベッドルームのほうから異音が響いた。
「わ!」
「どした!」
慌てて視線を向けると、
「でんききえたー……」
ベッドに寝転がって漫画を読んでいたうにゅほが、不安げにそう答えた。
エアロバイクから降り、真っ暗なベッドルームへと赴く。
「××、リモコン取って」
「はい」
シーリングライトのリモコンを受け取り、全灯ボタンを押す。
無反応。
「えるいーでぃー、きれたのかな」
「違うと思う」
俺たちの部屋は、ベッドルームと書斎とに分かれている。
普段はふたりとも書斎にいることが多いため、ベッドルームのLED灯が先に切れるとは考えにくいのだ。
「てことは、故障かな……」
「こわれたの?」
「なんか、それっぽい音してたし」
「してたねえ……」
「LEDを交換してなんとかなるならいいけど……」
「なるかな」
「わからん」
「わからんかー……」
「ならなかったら、どうしようかな」
「あたらしいの、かう?」
「──…………」
しばし黙考し、問う。
「ベッドのほうって、電灯いる?」
「いるよー」
「いるかー……」
なくてもいいような気がちょっとだけしたのだが、うにゅほがいると言うなら仕方ない。
まずは、明日にでも換えのLED灯を買ってこよう。
話はそれからだ。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
06.29

うにゅほとの生活2036

2017年6月29日(木)

こんにゃく粉入りのゼロカロリーゼリーにハマっている。
ほのかな果汁の甘みと、こんにゃく由来のなめらかな舌触り。
味も然ることながら、280gの大容量で、胃袋も確かな満足という次第である。
しかし、
「──…………」
四隅の一角にある開け口から、徐々にフィルムを剥がしていく。
「◯◯、がんばって……」
うにゅほの声援に無言で頷いた、そのとき、

ぴゅー!

「ぬあ!」
フィルムの下から汁が飛び散り、作務衣の上衣を点々と濡らした。
「駄目か……」
「これ、おいしいけど、ぜったいとびちる……」
「糖分が入ってないからベタベタはしないけど、白い服着てるときは食べられないな」
「ぶどうあじ」
「うん、ぶどうは特に」
開けては啜り、開けては啜りを繰り返し、完全に開封したものをうにゅほに手渡す。
「はい」
「うん、ありがと」
「すげえ口ついてるけど……」
「?」
うにゅほが小首をかしげる。
まあ、いまさらか。
「それにしても、こんなギリギリまで充填しなくてもいいのになあ」
「じゅうてん?」
「ギリギリまで入れなくてもいいのにな、って」
「そだねえ……」
「賞味期限を延ばすためらしいけど、ちゃんと開けられないのは問題だと思う」
「プリンみたいしてほしい」
「わかる」
「プリンは、ゼリーみたいしてほしい」
「量が多くなるから?」
「うん」
うへーと笑う。
「わかる」
「ね」
ゼリーはより開けやすく、プリンはより多く──なりませんかねえ。

Comment:0  Trackback:0
2017
06.28

うにゅほとの生活2035

2017年6月28日(水)

Amazonから荷物が届いた。
「なにかったの?」
「ふっふっふー……」
開封する。
「新しいハンドスピナー!」
「わ」
「××があんまり楽しそうだから、自分用に買ってみました」
「にじいろだ」
「色が綺麗なのを選んでみた」
「まわしていい?」
「いいよ」
うにゅほが、左手の指でハンドスピナーを挟み、右手で勢いよく回転させた。
四六時中触っているためか、手慣れている。
「きれい……」
「だな」
虹色の回転にうっとり見入っていると、
「……ゆび、つらい」
「どした」
「ちょっとおもい……」
うにゅほが苦痛を訴えた。
「ああ、金属製だもんなあ……」
か弱い指で支え続けるには、少々重すぎたらしい。
「おもいけど、◯◯、だいじょぶ?」
「俺は指太いから大丈夫だよ」
「そか」
「それより、何分回し続けられるか試してみよう」
「うん!」
「××は、何分くらい行くと思う?」
「……うと、わたしのがにふんくらいだから、おなじくらい?」
「じゃあ、俺は三分くらいにしとこう」
うにゅほから虹色のハンドスピナーを受け取り、iPhoneのストップウォッチを起動する。
「せーので開始な」
「わかった」
「──せー、の!」
手首のスナップを効かせ、ハンドスピナーを思いきり回転させる。
シュルルルル!
「いい音だ」
「おー……」
「これは、三分行くんじゃないか」
「どかなー」

二分後、
「すごいすごい」
「これ、四分くらい行くかも」

四分後、
「……止まらないんだけど」
「うん……」

六分後、
「やっと止まった」
「これ、すごいねえ……」
なかなか楽しいぞ、ハンドスピナー。
うにゅほがハマるのも頷ける。

Comment:0  Trackback:0
2017
06.27

うにゅほとの生活2034

2017年6月27日(火)

「ありがとうございましたー」
挨拶に背を押されるように、セイコーマートを後にする。
「また買ってしまった……」
「かってしまったねえ」
車内に戻り、袋を開く。
「セイコーマートの、バタークロワッサン」
「かけるに」
「それと、豆乳」
「かけるに」
「いま食べる?」
「たべる!」
バタークロワッサンと豆乳をひとつずつ、うにゅほに手渡す。
「いただきます」
「いただきます」
クロワッサンを開封し、端っこにかぶりつく。
口内から鼻腔までを、バターの香りが満たしていく。
「……美味いんだよなあ」
「うん、おいしい」
普段の俺なら生クリームでも欲しがるところだが、このバタークロワッサンには何も足したくない。
それくらい、完成された美味しさなのである。
「──…………」
もぐもぐ。
バターの風味を豆乳で押し流し、豆乳の後味をバターで塗り替えていく。
それを幾度か繰り返すと、バタークロワッサンは、あっと言う間になくなってしまった。
「ごちそうさま」
「◯◯、たべるのはやい」
むぐむぐ。
助手席を見ると、うにゅほはまだ、三分の一ほどしか食べ終えていなかった。
「はんぶん、たべる?」
「いや、悪いよ」
「そか……」
「──…………」
「──……」
「やっぱひとくちだけ」
「あーん」
「あー」
ぱく。
やはり、セイコーマートのバタークロワッサンは美味である。

Comment:0  Trackback:0
2017
06.26

うにゅほとの生活2033

2017年6月26日(月)

昼食後、自室へ戻ろうとしたときのことである。
「……?」
階段の下から三段目──右に折れ曲がる段の端に、消火器が立っていた。
「なんだこれ」
「しょうかきだよ」
「それはわかる」
「うん」
「──…………」
「──……」
会話が終わってしまった。
「いや、そうじゃなくて」
「?」
うにゅほが小首をかしげる。
「なんでこんなところに消火器があるのかなって」
「ないと、かじのとき、あぶないよ?」
「まあ、うん」
「──…………」
「──……」
会話が終わってしまった。
「いや、そうでもなくて」
「?」
うにゅほが小首をかしげる。
「さっきまでなかっただろ、消火器なんて!」
「え」
うにゅほが絶句する。
「しょうかき、ずっとあったよ……?」
「えっ」
今度は俺が絶句する番だった。
「……ずっとって、どのくらい?」
一ヶ月くらい前からだろうか。
「りふぉーむしてから、ずっと」
「マジかよ……」
「まじ」
この一年間、一升瓶より大きな消火器の存在に一切気付かず過ごしてきたというのだろうか。
「──いや、違う、消火器があるのは知ってた」
「うん……」
「もし火事が起こったら、真っ先に階段に向かってたと思う」
「うん」
「……認識はしてたけど、意識にはのぼってなかったってことなのかな」
「◯◯、だいじょぶ……?」
心配されてしまった。
「大丈夫、たぶん」
「たぶん……」
「大丈夫です」
盲点には、人が思っている以上に大きなものが入るらしい。

Comment:0  Trackback:0
2017
06.25

うにゅほとの生活2032

2017年6月25日(日)

しゅるるるる。
背後から、ハンドスピナーの回転音が聞こえてくる。
「──…………」
「──……」
るるる──
回転速度が落ちたのか、やがて音が止む。
「──…………」
「──……」
しゅるるるる。
再び、回転音が始まる。
このサイクルが、淀みなく繰り返され続けている。
「××さん」
「?」
しゅるるるる。
「それ、やり過ぎ」
「そかな」
「どのくらいやってるか、自覚ある?」
「じっぷんくらい……」
「──…………」
無言で壁掛け時計を指し示す。
「……いちじかんたってる!」
「気づいたか」
「きづいた……」
「ずっとやっちゃうのはわかるけど、ハンドスピナーだけいじってるのは大いなる時間の無駄だと思うぞ」
「うん……」
「せめてこう、本読みながらとか」
「わたし、かたてでほんめくれない」
手、小さいからなあ。
「……一緒に映画でも観る?」
「みる!」
うにゅほを膝に乗せて、Amazonのプライムビデオを開く。
レンタルする必要すらないとは、すごい時代になったものである。
「──…………」
「──……」
しゅるるるる。
大長編ドラえもんを観賞しながら、うにゅほがハンドスピナーを回す。
ハマるのはいいが、やり過ぎはよろしくない。
気にかけておこうと思った。

Comment:0  Trackback:0
2017
06.24

うにゅほとの生活2031

2017年6月24日(土)

たまたま近くを通り掛かったので、いつものゲームセンターへと立ち寄ることにした。
五百円玉一枚でチョコボールを荒稼ぎし、店内をぐるりと回る。
「……?」
すると、うにゅほがある筐体の前で立ち止まった。
「なんだこれ」
視線の先にあったものは、
「──ああ、ハンドスピナーか」
「はんどすぴなー?」
うにゅほが小首をかしげる。
「なんか流行ってるらしいけど、知らない?」
「しらない……」
「××はネットしないしなあ」
「うん」
最新のデジタルギアでSNSを使いこなすうにゅほ──なんて、とてもじゃないが想像できない。
「ともあれ、そういうのが流行ってるんだってさ」
「なにするもの?」
「中心にベアリングが組み込まれてて──」
「べありんぐ?」
そこからか。
「まあ、とにかく、めっちゃ滑らかに回転するらしい」
「……なにするもの?」
「だから、回して遊ぶもの」
「おもちゃ?」
「そうそう」
「はー……」
うにゅほが筐体を覗き込む。
いささかの興味はありそうだ。
「取ろうか?」
「おいくらでとれますか」
「この形式なら、千円あれば」
「おねがいします」
ぺこり。
「お願いされました」
財布を取り出し、両替機で千円札を崩す。
結果、宣言通り九百円でハンドスピナーを入手することができた。
「はー……」
帰途の車中、助手席のうにゅほが、指で挟んだハンドスピナーをくるくると回し続けていた。
「それ、面白いの?」
「わかんない」
「わからないのか」
「でも、なんかやっちゃう……」
しゅるるるる。
静かな回転音が耳朶を打つ。
「……帰ったら、ちょっとやらせてな」
「うん」
面白いような、そうでもないような。
不思議な感じである。

Comment:0  Trackback:0
2017
06.23

うにゅほとの生活2030

2017年6月23日(金)

「××、小指大丈夫か?」
「こゆび?」
うにゅほが小首をかしげる。
「左足の小首、昨日打ったろ」
「あー」
「……その様子なら、大丈夫そうだな」
喉元過ぎれば熱さ忘れる。
痛くないのは良いことである。
「いちおう見せてみて」
「はい」
チェアを譲り、うにゅほの前で膝をつく。
「赤みはない、かな」
「うん」
「痛みは?」
「いたくないよ」
「動かしてみて」
「うーと……」
ぴく、ぴく。
ピンと伸ばした左足の指すべてが、わずかに屈曲する。
「動きが悪いな」
「もともとうごかない……」
「そうだっけ」
「◯◯、あしのゆび、すごいうごくよね」
「ああ」
爪先を浮かせ、足の指をすべて開いてみせる。
「パー」
「おー」
ぱちぱち。
続いて、爪先をぎゅっと丸めてみせる。
「グー」
「すごい……」
「チョキはさすがに無理だけどな」
「やってみて」
「無理だと思うけど……」
いちおう試してみる。
「えーと、人差し指と中指を残して──あ、無理無理」
すべて曲がってしまう。
「むりかー……」
「チョキだけ難易度高すぎる」
「あしでじゃんけん、できないね」
「手ですればいいんだよ、そんなもん」
「ざんねん」
残念がられてしまった。
とは言え、無理なものは無理である。
ひとりでこっそり練習してみたけれど、やはり無理だった。
できる人、いるのだろうか。

Comment:0  Trackback:0
2017
06.22

うにゅほとの生活2029

2017年6月22日(木)

ベッドの上でうだうだと読書をしていたときのことである。
「◯◯ー」
「んー」
「よんかんしらない?」
「なんの?」
「ゆるめいつ」
枕元を調べる。
「あ、あった」
「よかったー」
うにゅほがとてとてこちらへ歩み寄る。
その途中、
「──ニ゙ゃ!」
踏まれた猫のような悲鳴を上げて、うにゅほがその場にうずくまった。
「どうした!」
慌ててベッドから飛び降り、うにゅほの背中を撫でる。
「ほッ、ゆび……、こゆび……」
「あー……」
クローゼットのカドに小指をぶつけたのだ。
これは痛い。
「──よいッ、しょ!」
「ふい」
よたよたとうにゅほを抱き上げて、ベッドの端に腰掛けさせる。
「小指、見せてみ」
「うん……」
その場にひざまずき、うにゅほの左足を手に取った。
「あー、赤くなってるな」
「とれてない……?」
「取れないって」
「ほんと?」
「爪も割れてないし、折れてもいないと思う」
たぶん。
「……まあでも、痛みが治まらなかったら、病院かな」
「ぶええ」
半泣きである。
「ほら、泣かない泣かない。なでなでしてあげるから」
「……うん」
しばらく患部をさすっていると、痛みも取れたようだった。
家具のカドに小指なんてありがちな笑い話だが、笑い話では済まないこともある。
気をつけましょう。

Comment:0  Trackback:0
2017
06.21

うにゅほとの生活2028

2017年6月21日(水)

父の日にと注文してあったトレーナーが、今日になってようやく届いた。※1
「おとうさん、よろこんでたね」
「よかったな」
「うん!」
「……まあ、還暦迎えたおっさんのファッションショーとか、どうかと思うけど」
「えー」
うにゅほが不満げに声を上げる。
「あげたの、きてみてほしいな」
「わかるけどさ」
「でしょ」
「でも、せっかくなら××のファッションショーのほうがいいなあ」
「……うへー」
うにゅほが照れ笑いを浮かべる。
「××も、そろそろ夏服買わないとな」
「なつふくかー」
「たくさん買って、ファッションショーしてもらおう」
「たくさんはいいよー……」
苦笑する。
「夏用のパジャマは?」
「あ、ほしいな」
「甚平」
「ほしい!」
「××は安上がりだなあ」
「うへー」
まあ、そういうファッションショーがあってもいいだろう。
「◯◯も、ふぁっしょんしょーしようね!」
「えー……」
「えーじゃなくて」
「三十路男のファッションショーなんて、誰が喜ぶんだ」
「わたし」
「……まあ、観客は××だけだけど」
「しようね」
「わかりました」
変な約束を交わしてしまった。
まあ、楽しそうではあるけれど。

※1 2017年6月16日(金)参照

Comment:0  Trackback:0
back-to-top