2017
04.30

うにゅほとの生活1977

2017年4月30日(日)

両親が旅行から帰宅した。
おみやげは、何故か竹製のしおりだった。
鹿のイラストが印刷されている。
「かわいい」
「甘いものがよかった……」
「しおり、だめ?」
「竹は甘くない」
「あまくても、たべちゃだめだよ」
「食べないけどさあ」
「しおり、べんりだよ」
「まあ……」
しおりを受け取り、シーリングライトに翳す。
竹の繊維が美しい。
「しおり、けっこう持ってたと思うんだけど……」
「うん」
「どこやったっけ」
「うーん……」
たぶん、読みさしの本に挟まりまくっているのだろうけど。
面倒なので、探さない。
「わたしの、ちゃんとあるよ」
うにゅほが自慢げに取り出したのは、金属製のブックマーカーだった。
いつだったか俺がプレゼントしたものだ。
「××、物持ちいいよなあ……」
「そかな」
「それ、たしか、出会ったころにあげたやつじゃん。誕生日でもなんでもなく」
「うん」
「俺がそのまま使ってたら、今頃なくしてたな……」
「えー」
うにゅほがブックマーカーを背中に隠す。
「隠さんでも」
「うへー」
冗談だったらしい。
「××、竹のしおり使う?」
「わたし、これあるから、いいよ」
「そっか」
なら、遠慮せずに使わせてもらおう。
読みさしの本に挟んだまま本棚に仕舞う未来が見えるけれど。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
04.29

うにゅほとの生活1976

2017年4月29日(土)

「きょうは、シチューをつくりますね」
「豚肉たくさん買ってあるしな」
「うん」
一昨日の生姜焼きのあまりである。
「暇だし、なんか手伝おうか」
「んー」
うにゅほが小首をかしげる。
「でも、あんましすることない……」
「材料切るとか」
「きって、いためて、ルーいれて、にるだけだから」
「簡単」
「かんたん」
「俺は豚肉切るから、××は野菜を切ってくれ」
「はーい」
ふたり並んで台所に立つ。
「◯◯、にくきれる?」
「馬鹿にしてはいけない」
「してないけど、にく、きるのむずかしいから……」
「まあ見てな」
スッ。
薄切り肉を重ね、包丁を入れる。
「はい」
「おー」
うにゅほが小さく拍手する。
「包丁を、弧を描くように動かすのがコツだ」
「うん」
「まあ、知ってるか」
「しってる」
「というわけで、心配無用。××は野菜を切るのだ」
「はい」
切って、炒めて、ルーを入れて、煮る。
時間は掛かるが、工程は少ない。
「あと、しばらくにこんで、おしまい!」
「お疲れさまでした」
「おつかれでした」
ふたりで作ったクリームシチューは、とても美味しかった。
まあ、俺は肉しか切ってないけど。

Comment:0  Trackback:0
2017
04.28

うにゅほとの生活1975

2017年4月28日(金)

二度目の起床後、空腹を抱えて階下へ向かったときのことである。
「……?」
リビングに何か違和感を覚えた。
ぼんやりした頭でしばらく考えて、ようやく原因に思い至る。
ロボットクリーナーが所定の位置になかったのだ。
「どこ行ったんだろ……」
和室、ではない。
台所、でもない。
廊下、にもない。
おかしいなあと首をひねって脱衣所を覗くと、あった。
脱衣所と浴室のあいだの段差に腹で引っ掛かり、進退窮まって動作を停止したらしい。
「──…………」
すこし切ない。
どうすればいいか判断がつかなかったので、自室からうにゅほを呼んできた。
「ひっかかっちゃったんだ……」
「そうらしい」
「おふろば、こんどから、とーしめないとだめだね」
「気をつけないとな」
ロボットクリーナーを段差から救出し、操作パネルを開く。
「このボタンおしたら、じゅうでんのばしょもどる」
「ほうほう」
「ぴ」
うにゅほが、ホームと書かれたボタンを押す。
ういーん。
高らかな駆動音と共に掃除を再開したロボットクリーナーが、
「あ」
「あー……」
再び浴室に特攻し、段差に引っ掛かり、動作を停止した。
「……まっすぐ充電のとこ戻るわけじゃないんだな」
「とーしめないと……」
浴室の扉をちゃんと閉めて、再々起動。
ごつんごつんと頭をぶつけながら所定の位置に戻っていくロボットクリーナーを見て、
「……ちょっと可愛いな」
と思ってしまった。
「でしょ」
何故うにゅほが胸を張るのかは、よくわからないが。

Comment:0  Trackback:0
2017
04.27

うにゅほとの生活1974

2017年4月27日(木)

「ね、ね、ね」
うにゅほが俺の袖を引く。
「んー?」
「きょう、なにたべたい?」
「夜か」
「うん」
両親が旅行に行ってしまったため、弟を含めた三人で食事を賄わなければならない。
家事万能のうにゅほがいるので不安は一切ないけれど。
「食べたいものなあ」
「ない?」
「強いて言うならプリンが食べたい」
「プリンつくったことない……」
「まあ、それはコンビニで買うとしてだ」
「うん」
「材料はあるの?」
「れいぞうこ?」
「そう」
「あんましない」
「じゃあ、何を作るにせよ買い物に行かないとな」
「おかねあるよ」
「ああ、いくらか置いてってくれたんだ」
「いちまんえん」
「……奮発したなあ」
「たべにいってもいいよって」
「よし、三人で焼肉だ!」
「なくなっちゃう……」
「冗談」
「◯◯、にくたべたいの?」
「食べたい」
「なににく?」
「豚肉」
「じゃあ、しょうがやきにしましょう」
「お願いします」
「ぶたにく、かいにいかないとね」
「生姜は?」
「チューブのやつあるよ」
「スーパー行くなら、明日以降のぶんも買いだめしておきたいな」
「あした、なにたべたい?」
「買い物しながら考えよう」
「はーい」
うにゅほの作った生姜焼きは、母親と同じ味がした。
キャベツの千切りは、ほんのすこしだけ太かったけれど。

Comment:0  Trackback:0
2017
04.26

うにゅほとの生活1973

2017年4月26日(水)

「父さん母さん旅行行くのって、明日からだっけ」
「うん、そだよ」
どこへ行くかはよく知らないが、とにかく旅行に行くらしい。
「いつ帰ってくるって言ってた?」
「さんじゅうにちだって」
「んで、またすぐ出掛けるとか」
「ふつかに、また、べつのとこいくの」
「慌ただしいなあ」
「そだねえ」
ゴールデンウィークを限界まで満喫しきるつもりのようだ。
「××、一緒に行かなくてよかったのか?」
「うん」
「旅行なんて、滅多に──」
そこまで言って、ふと気づく。
「そもそも、××って、うち来てから泊まりがけで旅行したことあったっけ」
「ちとせ?」
「抜きで」
母方の実家に一泊するのを旅行とは言うまい。
「うーと、ない、かも……」
「ないよな」
「ひがえりはある」
「日帰りは何度かあるな」
「うん」
「……ほんと、一緒に行かなくてよかったのか?」
「◯◯、おとうさんとおかあさん、どこいくかしらないの?」
「聞いたと思うけど、覚えてない」
「こうやさんに、おきょうもらいにいくんだって」
「……あー」
思い出した。
「あんましたのしくないとおもうから、いえにいたほういいよって、おかあさんいってたの」
「なるほど……」
賢明である。
「2日からの方は?」
「うーとね、ともだち、いっしょなんだって」
「……それは、ちょっと嫌だな」
「うん」
両親だけならともかく、見も知らぬその友人が一緒となれば、俺だって遠慮したい。
「今度、家族だけで旅行しようか」
「それならいきたいな」
いつになるかはわからないが、いつか実現させたいものである。

Comment:0  Trackback:0
2017
04.25

うにゅほとの生活1972

2017年4月25日(火)

帰途の車中のことである。
「くれじっとかーど、ほんやさんでもつかえるんだねえ」
「便利だよな、ほんと」
「べんり」
小銭の数が最小になるよういちいち計算したりせずに済むし。
「くれじっとかーどだしたとき、◯◯なにしてたの?」
「うん?」
「てんいんさんが、なんかだして、◯◯、ぴっぴっ、て」
「あー……」
ようやく思い至った。
「暗証番号を入力してたんだよ」
「あんしょうばんごう」
「本人確認のためだろうな」
「コンビニはいいの?」
「コンビニより高額を扱うところだから、そこんとこ厳しくしてるんじゃないかな」
「なるほど」
うにゅほがうんうんと頷くのを横目に、ウインカーを出して右折する。
「──あ、にじ!」
「おー」
七色の光の束が、視界の端で弧を描いていた。
「久し振りに見たなあ」
「きれい」
「せっかくだから、写真に撮っとくか」
「──…………」
道路脇に停車し、ジーンズのポケットからiPhoneを取り出す。
「ね」
「?」
「にじのそと、もうひとつ、うすいにじない?」
「──…………」
目を凝らす。
「……本当だ、二重に掛かってる」
「そんなことあるんだ……」
「珍しいもの見たなあ」
「◯◯、しゃしんしゃしん!」
「おっけー」
ふたつめの虹は薄すぎて、上手く写真に収めることができなかった。
だが、どうやら縁起はいいらしい。
なにかいいことありますように。

Comment:0  Trackback:0
2017
04.24

うにゅほとの生活1971

2017年4月24日(月)

マットレスに顔から突っ伏したまま、呟く。
「はぶは、へうい……」
「ぼくは、ねむい?」
「惜しい……」
「もっかい」
マットレスに突っ伏しなおし、再び口を開く。
「あぶは、えむい……」
「はるは、ねむい」
「正解」
「やた」
「やー、眠いっす……」
目蓋がぴくぴくしているのが自分でもわかる。
「なんじにねたの?」
「三時くらい」
「いつもくらいだね」
「春は、ほんと、寝ても寝ても寝足りない……」
「まいとしそんなかんじだねえ」
「──春はあけぼの、やうやう白くなりゆく山際、すこし明かりてうんぬんかんぬん」
「あ、きいたことある」
「枕草子」
「まくらのそうし」
「こっちゃ明け方なんてぐーすかぴーですけどね」
「ひるも、ぐーすかぴー」
「そうならないように頑張って起きてるじゃないですか……」
「ねむいなら、ぐーすかぴーしたほういいよ」
「気に入ったの?」
「うん」
「……まあ、わりと毎年抵抗虚しく昼間っからぐーすかぴーしてる気はする」
「むりしない」
「はい」
「ひざまくら、する?」
「してほしいけど、この感じだと、どうも数時間単位の睡眠が必要な気がする……」
「ちょっとつらい……」
「トイレも行けないしな」
「うん」
「膝枕は、仮眠のときにお願いします」
「はーい」
布団に潜り込み、目を閉じる。
意識を取り戻したのは、午後三時を回ったころだった。
昼食を取り損ねるほど眠ったにも関わらず、眠気が完全に取れないのだから、春の魔力は恐ろしい。
今日は早めに寝ることにしよう。

Comment:0  Trackback:0
2017
04.23

うにゅほとの生活1970

2017年4月23日(日)

「──…………」
すう、はあ。
小さく呼吸を整える。
「……だいじょぶかな」
「大丈夫、のはず」
「つかえるかな」
「使えるはず」
「……いく?」
「行きましょう」
調整豆乳と黒豆大福をふたつずつ手にし、レジへと向かう。
そして、
「カードでお願いします」
届いたばかりのクレジットカードを店員に差し出した。

「買えた……」
「かえたねえ……」
コンテカスタムに乗り込み、クレジットカードを眼前にかざす。
カード自体は以前から持っていたものの、ネット通販にしか利用したことがなかったのだ。
「しかも、超楽だった」
「うん」
「サインとか必要ないんだ」
「これで、ポイントたまったのかな」
「たぶん……」
今回新しく作ったのは、ヨドバシカメラのゴールドポイントカード・プラスである。
ヨドバシカメラ以外の店舗で使っても、1%のポイントがつく。
「月の出費をクレジットカードに頼れば頼るほど、ヨドバシのポイントが手に入る」
「うん」
「年に百万使うとすれば、一万円ぶんだ」
「すごい……」
「なかなか馬鹿にできないよなあ」
「いちまんえんあったら、なにかえるかな」
「それはもう、よりどりみどりですよ」
「すごいねえ、べんりだねえ」
「一括払いに限れば、デメリットはないからな」
たぶん。
「でも、つかいすぎだめだよ」
「そのときは、××が止めてくれるだろ」
「うん」
「なら、問題ないな」
明細書が届くから、買い物のたびにいちいち家計簿アプリを起動させる手間も減る。
財布を落とさないようにだけ、これまで以上に気をつけねば。

Comment:0  Trackback:0
2017
04.22

うにゅほとの生活1969

2017年4月22日(土)

ぺり。
卓上鏡を覗き込みながら、鼻の絆創膏を剥がす。
「赤みは取れたかな……」
鼻の頭を軽く押す。
「いたい?」
「いや、痛みもない」
「なおった」
「オロナイン、すごいな」
「でしょ」
オロナイン信者のうにゅほが、えへんと胸を張る。
「でも、かさびたみたいなってるから、もっかいさびおはろうね」
「かさびた?」
「?」
「かさぶた」
「かさびた」
「正確には、かさぶた」
「そなの?」
「そのはず」
「おかあさんかおとうさん、かさびたっていってた」
「方言なのかな」
「でも、かさびたのがいいやすい」
「そうか?」
「うん」
「かさぶた、かさびた、かさぶた、かさびた──」
幾度も繰り返し呟いていると、だんだんよくわからなくなってきた。
「ぶた」
「びた」
「びた」
「びた……」
「デカビタCってあったな」
「かさびたしー?」
「みずびたし」
「みずびたしー」
「××、サビオ貼って」
「はーい」
この様子なら、明日には完治しているだろう。
オロナイン、侮れない。
侮れナインというくだらない駄洒落を思いついてしまった人は、先生と一緒に廊下に立ってましょう。

Comment:0  Trackback:0
2017
04.21

うにゅほとの生活1968

2017年4月21日(金)

「ぬー……」
眠い。
眠いときは、何をしても眠い。
「──…………」
うと、うと。
半分寝ながら朝食を口に運んでいると、
「?」
隣に座っていたうにゅほが、唐突に、俺の鼻の頭を押した。
「いて」
「あ、ごめんなさい……」
「鼻、どうかしてる?」
「あかい」
「できものかな」
「ぷち、ってかんじじゃないよ」
「ぷち?」
「にきびみたいかんじ」
「ではないと」
「うん」
よくわからなかったので洗面所へ向かう。
鏡の向こうに、ボサボサ頭の眠そうな男が立っていた。
「あー……」
鏡面に顔を近づけてみると、たしかに鼻の頭が赤い。
指先で触れると、痛い。
「……なんか、奥のほうが腫れてる感じだなあ」
「おく?」
「毛穴の奥……?」
「けあなの」
「ごめん、適当言った」
「オロナインぬろ」
「オロナインって、できものにも効くんだっけ」
「きくよ」
「そうなんだ」
「にきび、ふきでものって、こうのうのとこにかいてる」
「なら効くな」
「きく」
朝食をたいらげたあと、鼻の頭にオロナインを塗って上から絆創膏を貼った。
「似合う?」
「あはは、にあう!」
「それじゃ、二度寝します」
「おやすみなさい」
次に起きたのは、正午近くになってからだった。
いつの間にか枕に顔を突っ込んでいたので、それを見越して絆創膏を貼っておいてよかった。
外出するときは、さすがに剥がすけれど。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top