2017
08.22

うにゅほとの生活2090

2017年8月22日(火)

「──お、銀のエンゼル」
「おー!」
「××は?」
「きいろ」
うにゅほが、チョコボールのくちばしを開いてみせる。
「黄色だな、うん」
銀のエンゼルも、金のエンゼルも、九割方は黄色だけれども。
「ともあれ、これで四枚目か」
「うん」
「あと一枚だな」
「──あ!」
うにゅほが立ち上がり、寝室へと向かう。
「どした?」
そして、うにゅ箱から何かを取り出した。
「これ……」
「……銀のエンゼル?」
「はじめてね、あたったやつ……」
「──…………」
思い出した。
三年ほど前、たまたまおやつに食べたチョコボールで、銀のエンゼルを一枚だけ手に入れていたのだ。※1
「いいのか?」
うにゅほが大切に仕舞っておいたものだ。
交換してしまうのは、気が引ける。
「……いいの」
うにゅほが、困ったような笑顔を作る。
「だって、あたらしいおもちゃのかんづめ、なでたらしゃべるもん……」
そこなんだ。
「──…………」
受け取ったエンゼルを、うにゅほの手にそっと握らせる。
「?」
「頑張って、あと一枚当てよう」
「でも──」
「おもちゃのカンヅメはどのエンゼルでも交換できるけど、初めて当てた銀のエンゼルはそれ一枚だから」
「──…………」
「それに、おもちゃのカンヅメは一年くらい変わらない。このペースでチョコボールを食べていれば、すぐだよ」
「……うん」
うにゅほが、エンゼルを握った手を胸元に寄せる。
「ありがと、ね」
「ああ」
会話の内容がおもちゃのカンヅメについてでなければ、もうすこし感動的だったかもしれない。
ともあれ、あと一枚だ。
頑張ろう。

※1 2014年10月10日(金)参照

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
08.21

うにゅほとの生活2089

2017年8月21日(月)

行きつけのゲームセンターで、ルートビアなる清涼飲料水を手に入れた。
「──…………」
「──……」
「のむ?」
「飲む、けど……」
尻込みするのには、理由がある。
「……てんいんさん、しっぷのあじするって」
「言ってたな」
「しっぷって、しっぷかな……」
「聞き間違いでなければ……」
湿布の味がする飲み物とは、いったい。
「……まあ、飲んでみるか。ぬるくなっちゃうし」
「そだね」
プシュ!
A&Wと大きく書かれた茶色い缶のプルタブを引き開ける。
「行きます」
「……!」
うにゅほが見守るなか、ルートビアをひとくち啜る。
「──…………」
「どう?」
「感想聞いてから飲む? 聞かないで飲む?」
「……きいてから」
「砂糖を大量にぶち込んで甘く煮た湿布の煮汁に炭酸を入れて冷やしたものの味がする」
「──…………」
「──……」
「おいしい?」
「不味い」
「……やめとこかな」
「まあまあ」
うにゅほの手に、ルートビアの缶を握らせる。
「ひとくち、ひとくち」
「うー……」
「あとは俺がなんとか処理するから」
「わかった……」
うにゅほが恐る恐る缶を傾けていく。
くぴ。
「……うべえ」
「どうだった?」
「しっぷのあじする……」
「な?」
残りのルートビアは、俺がなんとか飲み干した。
不味いは不味いが、話の種にはなる味だ。

Comment:0  Trackback:0
2017
08.20

うにゅほとの生活2088

2017年8月20日(日)

自室の小型冷蔵庫を覗き込みながら、呟く。
「……これは、まずい」
「うん……」
「これはまずいと思い始めてから、何ヶ月経ったっけ」
「……さんかげつくらい?」
「たぶん、もっとかな」
「もっとかー……」
何がまずいのかと言えば、ズバリ、冷蔵庫の霜である。
幾度も解けて固まって、もはや巨大な氷塊に近い。
「まえ、しもとりしたとき、ちいちゃいバケツつかったけど……」
「駄目だ。ぜんぜん容量が足りない」
「うん……」
ですよねー、という表情を浮かべ、うにゅほが頷く。
「これは、日向に放置しておくしかないですね」
「そと?」
「ベランダでいいか」
「きょう、あつーいもんね」
「俺が運ぶから、物とかどけてくれるか」
「はーい」
冷蔵庫をベランダへと運び出し、太陽の方角に向けて扉を開ける。

がたん!
がらん、ごろ、──どざッ!

「──…………」
「いま、なんのおと?」
「入れっぱなしだったペプシのペットボトルが地面に落ちる音……」
「わあ!」
どうして確認しなかったのか。
「破裂してないかな……」
「みてくる!」
しばしして、うにゅほがペットボトルを持って戻ってきた。
「だいじょぶだった」
「貸してみて」
「はい」
ペットボトルを受け取り、腹のあたりを押してみる。
「……固い」
炭酸ガスでパンパンになっているらしい。
「これ、家の中では絶対に開けないように」
「ぶしゅーってなる?」
「天井まで飛び散る」
「わー……」
冷蔵庫の霜は、幾度かマイナスドライバーで掘削することで、夕刻までにはすべて除去することができた。
面倒がらず、次は早めに霜取りしよう。

Comment:0  Trackback:0
2017
08.19

うにゅほとの生活2087

2017年8月19日(土)

「──たー、べたー……」
ぼす。
自室のベッドに背中から倒れ込む。
「たべた、たべた」
うにゅほが、自分のおなかをぽんと叩いてみせる。
家族で焼肉を食べに行ったのだった。
「新しい焼肉屋さん、美味しかったな……」
「おいしかったー」
「××、おなかぽんぽん?」
「ぽんぽん」
「どれ」
両手をわきわき動かしながら、うにゅほに向かってにじり寄る。
「はい」
ぺろん。
うにゅほが、シャツの裾を自らめくり上げた。
なんと無防備な。
「ふむ……」
なでなで。
「おなか、まるい?」
「そうでもない」
「そか」
「──…………」
「──……」
「ぶす」
「うひ!」
「へそじゃへそじゃ!」
「へそだめー!」
うにゅほがこちらに背中を向ける。
「ぐへへ、へそを寄越すがよろしいのだ……」
「……かみなりさま?」
「そうです、雷様です」
「うそだー」
「嘘です」
「うそかー」
「へそをいじらせろー!」
「だめ」
「おなか痛くなっちゃうもんな」
「うん」
「あと、へそってけっこう臭──」
「あらってます!」
「確認させろー!」
「だめ」
「ぐへへー」
「わー!」
酒が入っていると、だいたいこんなテンションである。
うにゅほはへそを守りきったので、ご安心を。

Comment:0  Trackback:0
2017
08.18

うにゅほとの生活2086

2017年8月18日(金)

「──…………」
ホームセンターで備蓄用のペプシを購入したあと、自室のベッドに突っ伏した。
「ねむみがある……」
「ねむみ」
「ねむみ」
「ねむみ、かわいいねえ」
「響きが?」
「うん」
文法としてはガッツリ間違っているのだが、それでもなんとなく通じてしまうのは、日本語の奥深さである。
「ねずみ」
「ねずみ?」
うにゅほが小首をかしげる。
「ねむみのある、ねずみ」
「ねずみ」
「うとうとしてる」
「かわいい……」
「次は、××の番」
「うーと」
しばしの思案ののち、
「……みみず?」
「みみず、可愛いかなあ」
「ねずみと、みみず」
「……なんか、急に絵本っぽくなったな」
「うん」
「ねむみのある、ねずみと、みみず」
「とうみん」
「冬眠だな」
「つぎ、◯◯のばん」
「あー……」
ルールのない言葉遊び。
意味などないが、それでも楽しい。
「じゃあ、寝耳に水」
「ねみみにみず」
「ねむみのある、ねずみとみみず、寝耳に水」
「おきちゃうかな」
「寝耳に水だからな」
なんだか、絵本が一冊描けそうな勢いだ。
絵の上手い方、三人で一山当ててみませんか。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top