2018
05.24

うにゅほとの生活2362

2018年5月24日(木)

ぱちん、ぱちん。
左手の爪を切る。
「──…………」
「──……」
ぱちん、ぱちん。
うにゅほが、そのさまを、じっと覗き込んでいた。
「××」
「はい」
「危ないぞ。爪が飛んだら、顔に当たるかも」
「あ、そか……」
「珍しくもないだろうに」
手の爪なんて、週に一度は切っているのだし。
「うーとね」
「?」
「◯◯のつめ、わたし、きりたいなって」
「いいけど……」
「やた」
「じゃあ、右手の爪は頼むな」
「うん」
爪切りを渡し、右手を預ける。
「おおきいてですねー」
「××よりはな」
「つめきりますね」
「深爪だけは気をつけて」
「はい」
真剣な瞳で指先を睨みつけ、
「──…………」
ぱちん。
「──…………」
ぱちん。
すこしずつ、丁寧に、爪の先を切り落としていく。
まるで職人のようだ。
しばしして、
「ふー……」
深い溜め息と共に、うにゅほが顔を上げた。
「おしまい!」
「ありがとな」
「うへー」
爪を切ったばかりの俺の手に、うにゅほが指を絡ませる。
「かんぺき」
「次は、俺が××の爪を切ってあげよう」
「まだのびてないよ?」
「じゃあ、爪やすり」
「おねがいします」
「お願いされます」
特に理由もなく、なんとなく、互いに互いの爪の手入れをした。
ちょっと楽しかった。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
05.23

うにゅほとの生活2361

2018年5月23日(水)

「──…………」
むくり。
時計を見ると、午前八時。
珍しく早起きし、階下へ向かう。
「おはよ……」
キッチンで洗い物をしていたうにゅほが、こちらを振り返った。
「あ、おは──」
うにゅほが、目をまるくする。
「どした」
「◯◯、ほっぺた……」
「?」
洗面所へ向かい、鏡を覗き込む。
「うわ」
左の頬が見事に赤くなっていた。
「どしたの、それ……」
「──…………」
ふと、左手を軽く振る。
痺れている。
「たぶん、ほっぺたの下に左手敷いて寝てたんだと思う……」
「あー」
「そーいや、変な夢見たもんなあ……」
「どんなゆめ?」
「──…………」
「?」
うにゅほが小首をかしげる。
自分の頬にナイフを刺して口の端を裂く夢、とは言いにくい。
「まあ、うん。嫌な夢」
「いやなゆめ……」
「グロい夢」
「ぐろ……」
「聞きたい?」
「……やめとく」
「それがいい」
変な姿勢で寝ると、変な夢を見る。
寝相は大事だなあ。

Comment:0  Trackback:0
2018
05.22

うにゅほとの生活2360

2018年5月22日(火)

「──…………」
「──……」
暑い。
クソ暑い。
なかばとろけながら温湿度計に目をやると、30℃の大台に届きそうな勢いだった。
「暑かったり寒かったり、寒かったり暑かったり、体壊すって……」
「うん……」
既に壊れかけている気がしないでもない。
「──…………」
震える手が、エアコンのリモコンへと伸びていく。
「……早いかな」
「はやい、きーする……」
「昨日の夜、暖房つけたばっかだもんな。寒くて」
「うん……」
「──…………」
「──……」
こほん、と咳払いをする。
「時期が早いとか、遅いとか、果たして意味はあるのだろうか」
「……?」
「僕たちは、純粋に、暑いか寒いかのみを判断基準としてエアコンを利用すべきではないでしょうか」
「いちりある」
「よし、××。窓を閉めるぞ!」
「はい!」
窓を閉め切り、扉を塞ぎ、エアコンの電源を入れる。
しばしして、
「ほあー……」
エアコンの真下に陣取った俺たちの頬を、冷涼な風が撫でていった。
「すぶふぃー……」
「嗚呼、人類の叡智……」
ごろんごろん。
「信じられるか、××。これで26℃設定なんだぞ」
「?」
「冷房暖房の違いはあれど、昨夜も26℃設定」
「……そなんだ」
「気候、おかしいって」
「うん……」
本格的に体を壊す前に、気温が安定してくれればいいのだが。

Comment:0  Trackback:0
2018
05.21

うにゅほとの生活2359

2018年5月21日(月)

「犬を撫でたい」
「いきなり……」
「××も、これを見れば、同じ結論に至るはず」
「?」
うにゅほを手招きし、膝に乗せる。
そして、犬のおもしろGIF画像集を開いてみせた。
数分後、
「いぬなでたい……」
「な?」
「うん」
「猫もいいけどなー」
「いぬがいいな」
「柴かな」
「しばすき」
「コーギーもいいよな」
「あしみじかいの?」
「そうそう」
「かわいい」
「柴犬とコーギーのミックスもいるぞ」
「ほう」
「シバーギーというらしい」
「あんちょく……」
「俺もそう思う」
「でも、みてみたいな」
「検索してみるか」
「うん」
Googleを開き、「シバーギー」で画像検索を行う。
「──…………」
「──……」
「かわいい、けど」
「可愛いけど、なんか違う……」
「うん……」
「アップルパイとロールケーキを足して2で割ってみました、みたいな」
「あー」
「美味しいけど、混ぜなくてもよかったよねって感じ」
「わかる」
愛犬を亡くしてから、早五年。
ペットが欲しい今日このごろである。

Comment:0  Trackback:0
2018
05.20

うにゅほとの生活2358

2018年5月20日(日)

──びき!

「ゔッ……」

──びき!

「おフ!」

──びき!

「ぎッ……!」
唐突な痛みに、思わず背筋が反り返る。
「だいじょぶ……?」
「大丈夫、大丈夫……」
日常生活の至るところで、前触れなしに腰が痛む。
痛み自体は大したことないのだが、急に襲い来るのが面倒だ。
「腰に悪いこと、した覚えないんだけどなあ」
「こしにわるいこと……」
「重いもの持ったり」
「あー」
「急に走ったり、急に捻ったり」
「してないよねえ」
「……もしかして、寝過ぎかな」
「ねすぎ?」
低気圧のためか、ここしばらく、ベッドから抜け出せない日々が続いていた。
それで腰を痛めたのかもしれない。
「あんせいにしてたのに、こし、いたくなるの?」
「そういうときもある」
「こしいたいとき、あんせいにするのに?」
「まあ、うん……」
なんと説明してよいやら。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し、と言いましてな」
「はい」
「度が過ぎると、なんでもよくない」
「ねすぎはよくない?」
「そうなりますね」
「そか……」
寒暖差、気圧差が激しいと、睡眠時間がどんどん長くなってしまう。
俺の腰のためにも、さっさと安定してほしいものだ。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top