2017
03.30

うにゅほとの生活1946

2017年3月30日(木)

「──…………」
雨のそぼ降る窓の外を、少女が憂い顔で眺めている。
実に絵になる光景だ。
せっかくだから写真に収めておこうかとiPhoneのカメラアプリを起動したとき、うにゅほがこちらに気がついた。
「あ!」
「やべ」
「いま、しゃしんとろうとした?」
「シテナイヨ」
「やべっていった」
「ごめんごめん」
「もー……」
うにゅほは、写真を撮られるのがあまり好きではない。
もっと思い出を残しておきたいんだけどなあ。
「ところで、何を見てたんだ?」
うにゅほの隣に並び、窓の外を見やる。
春の雨。
凍えるほど冷たい雨粒が、薄汚れた雪を水に還していく。
梅も、桜も、まだ先だろうか。
「うーとね」
うにゅほが、窓のある一点を指差した。
「にじゅうまどのなかにね、はえがいるの」
「……ハエ?」
「うん」
「ハエを見てたの?」
「うん」
「そうなんだ……」
現実とはそんなものである。
「はえ、どっからはいったんだろうねえ」
「さあー……」
「はるつげむし?」
「……あんまりハエに告げられたくないなあ」
「そだねえ」
春が、手の届くところまで来ている。
四月の雪は見たくない。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
03.29

うにゅほとの生活1945

2017年3月29日(水)

Amazonから新しいイヤホンが届いた。
Philips SHE9720
うにゅほが踏んで壊してしまったSHE9712の後継機種である。
さっそく包装を解いていると、
「あっ……」
それに気づいたうにゅほが、さっと顔を曇らせた。
「◯◯、あの──」
「××」
「はい……」
「怒ってないんだから、もう謝らない」
「うん、ごめん……」
「こら」
「──あ、ちがくて! いまのごめん、いやほんのごめんじゃなくて」
「はいはい、落ち着きましょうね」
「うー……」
苦笑し、開封に戻る。
「……◯◯、あかいのすき?」
「そうだな。赤があるときは、だいたい赤を──」
赤い塗装の施されたイヤホンを取り出そうとして、軽く絶句する。
「……コードまで真っ赤じゃないか」
「はで……」
「派手だな……」
SHE9712は、本体は赤でもコードは黒かったのに。
「まあ、気にしないし使うけど、コードはもうすこし大人しい色がよかったなあ」
「あかいふくきたら、めだたない、かも」
「白い服着たら、超目立つな」
「ちーでてるみたい」
「耳血が……」
「うん」
「鼻に入れたら、鼻血に見えるかな」
「いれたらだめだよ」
「はーい」
DACアンプに接続し、試聴したところ、音質に問題はなかった。
大切に使いましょう。

Comment:0  Trackback:0
2017
03.28

うにゅほとの生活1944

2017年3月28日(火)

ふと思い立ち、うにゅほを褒め殺してみることにした。
「××」
「?」
うにゅほが顔を上げる。
「××は可愛いなあ」
「!」
「よ、美少女!」
「うと、どしたの?」
ぱちくり。
「思ったことを素直に言ってるだけだよ」
「そなんだ……」
「××は、本当に可愛いなあ」
「!」
「肌が白くて、目がくりっとしてて、まつげも長いし、小顔だし」
「……その、ほんと?」
「こんなことで嘘なんかつかないよ」
「うへー……」
てれてれ。
「身内贔屓かもしれないけどさ。そこらへんのアイドルなんかより、ずっと可愛いと思う」
「──…………」
「すっぴんでこれなんだから、本当に素材がいいんだな」
「──…………」
「まかり間違ってテレビになんて出た日には、ネットで話題騒然かも」
「も、も、やめてえ……」
耳まで真っ赤に染めたうにゅほが、両手で顔を隠してしまった。
照れちゃって、まあ。
「そういうところも可愛いぞ」
「うひい……」
うにゅほが、笑い声と悲鳴が混ざったような声を上げる。
そろそろ勘弁してあげよう。
「♪」
今日一日、うにゅほはずっと上機嫌だった。
ほとぼりが冷めたころ、また褒め殺してあげようと思う。

Comment:0  Trackback:0
2017
03.27

うにゅほとの生活1943

2017年3月27日(月)

「──はァ、ひい、ふー……」
エアロバイクを降り、ふらふらとベッドに倒れ込む。
「……自己ベスト更新」
たしかな満足感に、思わず頬が緩む。
頑張った。
本当に頑張った。
「◯◯、だいじょぶ……?」
「大丈夫、大丈夫」
「おしり、いたくない?」
「すこし痛いけど……」
そんなことより、自慢したくてたまらない。
「××」
「?」
「さて、本日は何キロくらい漕いだでしょー、か!」
「ひゃっきろ」
うにゅほが即答する。
「──正解。すごいな、××」
「わかるよ……」
呆れたように苦笑しながら、言葉を継ぐ。
「さんじゅっぷんでじゅっきろで、ごじかんこいでたから」
「……改めて言葉にすると、とんでもないな」
「あらためてことばにしなくても、とんでもないとおもう……」
「頑張りました」
「がんばりすぎです」
「ストレッチしたら、休もう……」
「うん」
軽く筋肉をほぐしたあと、再びベッドに倒れ込む。
「あし、まっさーじするね」
「ありがとう」
うにゅほの小さな手のひらが、太腿のあたりを這い回る。
「◯◯、あし、ふとくなったねえ」
「あー……」
これだけ酷使していれば、当然だろうなあ。
「じーんず、きつくない?」
「ちょっと」
「むりしたら、もっときつくなるからね」
「はーい」
頑張り過ぎて体を壊していては、本末転倒だ。
今後は、一日一時間程度に留めておこう。

Comment:0  Trackback:0
2017
03.26

うにゅほとの生活1942

2017年3月26日(日)

昼食後、眠気にまかせて仮眠をとっていたときのことだ。
「──……ぃ……」
「……?」
ふと名前を呼ばれた気がして、アイマスクを上げる。
すると、
「◯◯ぃ……」
いまにも泣き出しそうな顔をしたうにゅほが、ベッドの真横に立っていた。
差し出された両手に、なにかコードのようなものが乗せられている。
「……イヤホン?」
「いやほん、おとして、ふんじゃった……」
「──…………」
両目を細め、カナル型イヤホンを検める。
右耳側が継ぎ目からひび割れ、導線が露出していた。
「……完全に壊れてますね」
「ごめんなさい……」
「新しいの買わないと」
「ごめ……」
「あー、気にしない気にしない」
上体を起こし、うにゅほの頭を撫でる。
「イヤホンなんて、そもそもが消耗品なんだから」
「──…………」
「それに、こんなこともあろうかと──」
ベッドサイドの飾り棚から、コード類をまとめた紙袋を取り出す。
「予備のイヤホンが、ちゃんとある」
「!」
「ほら、コードもU字型」
「ほんとだ……」
「いつだったか、携帯を買い換えたときにおまけでついてきたやつでさ」
「そなんだ」
枕元のiPhoneに繋ぎ、音楽を再生してみる。
「──…………」
「きこえる?」
「……なにも聞こえない」
「こわれた……?」
「壊れてる、かも。そもそも十年くらい前のやつだから……」
一度も使っていないのになあ。
「……ごめんなさい」
「ごめんなさいは一回でいいよ」
「はい……」
「買えばいいんだ、買えば。Amazonで同じのポチりましょう」
「すみません……」
「そういう意味じゃないって」
そのあとも、うにゅほはしばらく落ち込んでいた。
本当に気にしなくていいんだけど。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top